wes crosswalk img 1417 copy最新記事 

【時代逆行】アルバータ州人口4千人の町でLGBTの象徴である虹色の横断歩道を禁止する法案が持ち上がる


アルバータ州のウェストロック町で、虹色のプライドクロスウォークを禁止しようとする住民の動きについて、St. Albertの2SLGBTQ+支援者たちは、少数派の若者の福祉に懸念を抱き、禁止が法的に妥当かどうかを疑問視しています。

St. AlbertのKristopher Wellsは、この提案が「明らかに差別的である」と述べました。彼は、「万一これが通過した場合、性的指向、性自認、性別表現に基づく差別の観点から人権申し立てを受ける可能性がある」と指摘しました。また、過去に自治体がプライドを認めなかったりプライドフラッグを掲げなかったりすることになり、裁判所に訴えられた例があることを指摘しました。

提案された規則は、横断歩道のデザインを白いはしご模様に制限し、カナダ、州、市の旗以外の旗を掲げないようにするもので、住民の請願に基づいて提案されました。この請願は町の人口の10%から支持を受けたため、この規則は住民投票にかけられることになりました。ただし、町の議員たちはこの規則に反対しています。

支持者たちは、これは町を政治的に中立に保つための政策だと主張していますが、Wellsは「これは時間とお金の無駄である」と述べ、「しかし、これは2SLGBTQ+コミュニティに対する憎悪と偏見が続いていることを示している」と指摘しました。

ウェストロックがこの禁止を承認すれば、他の重要な文化的アイデンティティのシンボルも削除されなければならなくなる可能性があります。これには、先住民との和解を支持するシンボルやフランス語解放を支持するシンボルなどが含まれます。また、クリスマスの公的な祝賀も禁止される可能性があるとWellsは述べました。性的指向、性自認、プライドの表現は、人権法で保護されていることを人々が忘れがちであることも指摘しました。

St. Albertの2SLGBTQ+支援およびアドボカシーグループであるOutloudは、今年6月にウェストロックに行き、町の若者たちと一緒にクロスウォークを塗りました。その際、一部の住民が若者たちがプロジェクトを完成させないように動員していました。

OutloudのエグゼクティブディレクターであるKelsey Robbinsは、ウェストロックの若者たちは資金を調達し、計画し、組織することでクロスウォークに取り組みました。これは若者たちにとって非常に誇りに思う瞬間であり、数百人が支援を表明するために集まったと述べました。

ウェストロックの住民が歩道について住民投票を行う予定であることにRobbinsはがっかりしています。彼らは6月に、クロスウォークの目的に関する誤情報がウェストロックのオンラインおよびポスターで広がっていることに気付いたと語りました。

Robbinsは、「このクロスウォークが表現する唯一のことは、歴史的にこの地域で安全に感じたことがない人々のコミュニティです」と指摘し、「クロスウォークはウェストロックの若者を支援し、彼らの旅路をサポートしています。」そして、この動きが他のアルバータ州のコミュニティでも同様のグループを励ます可能性を懸念しています。

Related posts