20220701 banff canada day 1最新記事 

【町民大激論!】0バンフダウンタウンのバンフ大通り、来年も歩行者天国継続か?

バンフの賛否両論を呼ぶダウンタウンの季節限定歩行者専用ゾーンは将来も続くことになりました。

月曜日(12月18日)の9時間に及ぶ会議の後、バンフの選出された役員は、5対2の投票で、毎年5月のロングウィークエンドから感謝祭の週末まで、バンフ・アベニューの100ブロックと200ブロックを車両通行止めにすることを決定しました。この決定は1月の予算承認まで最終的なものではありません。

「歩行者専用ゾーンは夏の間、コミュニティの心臓部となりました」と市長のコリー・ディマノは述べました。「私たちは主に車のためのスペースだった場所を、人々のための美しい中心広場に変えました」。

この歩行者専用ゾーンは、2020年にCOVID-19パンデミックに対応して設置され、歩行者がソーシャルディスタンスを取るためのスペースを提供し、ビジネスが公衆衛生措置からの財政的影響を相殺するために公共スペースを利用できるようにしました。

議会は、2022年と2023年に経済回復を支援し、観光客の再訪を促進するためにこのプロジェクトを継続しました。ダウンタウンには、ほとんどの日に約30,000人の歩行者がいると推定されています。

長時間の会議では、歩行者専用ゾーンの継続に賛成する人も反対する人も、数え切れないほどの人々が討論しました。その中には、歩道席が一部のビジネスにとって不公平な競争環境を作り出すと考えるビジネスも含まれていました。

その他の懸念事項は、町で最も重要な避難路への影響、歩行者専用ゾーンの維持コスト、商業成長上限の精神に反する歩道パティオを通じた商業活動の増加などが中心でした。

しかし、歩行者専用ゾーンへの反対の主な理由は、交通の影響により集中しており、交通が迂回される側道での渋滞や住宅地域への影響が含まれていました。

「歩行者専用ゾーンが設置されていると、不適切な種類の車両 – バス、セミトラック – と不適切な量の交通がビーバー、マスクラット、オッター、バッファローに押し寄せます。アパートのバルコニーや家の前のポーチに座るのが不快になります」とテイラー氏は述べています。

歩行者専用ゾーンの継続に反対していたカウンシラーのチップ・オルバー氏は、町内の交通量を減らすことを目指して成功しました。

町は、ガスパー・マウンテン・ゴンドラとアッパー・ホット・スプリングスで、専門家パネルの報告書で既に特定されている交通管理と駐車場管理の解決策を実施することにより、運転の抑制策を考慮するようパークス・カナダに求めることになります。

「昨年、私たちは有料駐車場を明示的に提案しましたが、それ以降、駐車場予約や、公共交通機関とハンディキャップ・プラカード付き車両以外の駐車場閉鎖など、他のことについて話し合ってきました」とオルバー氏は述べました。

「渋滞の課題の大部分は、南側の2つのアトラクション – ゴンドラと上部温泉 – に関連していますが、実際にはパークスがこの状況を簡単にコントロールできる大きな権限を持っています」。

歩行者専用ゾーンの推進を支持したバーブ・ペラム議員も、車両通行止めのバンフ・アベニューの100ブロックと200ブロックに関連する最大の課題は側道の渋滞であると同意しました。

しかし、彼女は、感謝祭の後にバンフ・アベニューが車両通行可能になると、橋を渡る車の数が19%増加し、バンフの北側への遅延が増加することを示すデータがあると述べました。

「その問題を改善する最も効果的な方法は、橋を渡りマウンテン・アベニューを上る交通量を減らすことです」と彼女は言いました。

「バンフ・アベニューを開放しても、交通の混雑は減りません。公共交通、電動自転車、インターセプト駐車場が役立っています。私たちは、訪問者の車両が私たちの側道を使うことを減らす努力を続けます」と住民に伝えました。

Related posts