gas pump 2210 2最新記事 

アルバータ州政府が燃料税の一部を来年の元日から再開

アルバータ州の政府は、昨年税を一時停止した後、石油価格に基づいて税を復活させると発表しました。前アルバータ州首相ジェイソン・ケニー氏は、2022年1月1日から遡って燃料税を停止し、6月に再び延長されました。しかし、政府は火曜日に数週間で税が戻ると述べました。

「省石油価格ベースの燃料税軽減プログラムは1月1日に再開され、アルバータ州民は引き続きガソリンスタンドでお金を節約できることになります」と財務大臣ネイト・ホーナー氏は12月19日のプレスリリースで述べました。「このプログラムは、西テキサス・インターミディエイト(WTI)の平均価格に基づいて四半期ごとに燃料税率を設定し、レートの増加を四半期ごとに最大9セント/リットルに制限するルールを設けています」。

ガソリンスタンドでは燃料税としてリットルあたり9セントが適用されます。プレスリリースによると、州の燃料税は1月にリットルあたり最大13セントになる可能性がありましたが、減額されました。

「その結果、アルバータ州民は2024年の最初の3ヶ月間、ガソリンとディーゼルについてリットルあたり4セント節約でき、燃料税はリットルあたり9セントの減額されたレートで適用されます」とホーナー氏は述べました。「その後、WTI価格が四半期ごとのレビュー期間で平均してバレルあたり80ドル以上の場合、アルバータ州民は州の燃料税の一部または全部を節約できます」。

12月19日の西テキサス・クルードの価格は73.44ドルでした。

Gasbuddy.comによると、12月20日のキャンモアとバンフの燃料価格は、リットルあたり139.9から149.9の範囲でした。

NDPとカナダ納税者連盟(CTF)は、燃料税の復活を非難しています。

アルバータ州NDPのエネルギー・気候評議員のキャスリーン・ガンリー氏は記者会見で、燃料税を復活させるのは間違ったタイミングだと述べました。

「政府は、多くの人々が基本的なニーズを満たすのに苦労しているという事実に焦点を当てるべきです。私たち全員に属するこの資源収入を使って、家族の負担を軽減するべきです」とガンリー氏は述べました。

カナダ納税者連盟は、アルバータ州での燃料税軽減を延長するよう求める声明を発表しました。

「ダニエル・スミス首相は1年前、人々が手頃さに苦しんでいるためにアルバータの燃料税を全面的に停止したことは正しいことでしたが、今になって燃料税を再び引き上げることは理解に苦しみます」とCTFアルバータ支部長のクリス・シムズ氏は声明で述べました。「トルドー政府が数週間以内に連邦炭素税を引き上げ、多くの人々がまだ食料や家庭暖房を買うことに苦労している中で、アルバータ州の燃料税を引き上げることはスミス政府にとって間違った方向です」。

CTFの声明は、燃料税の休止により、ミニバンドライバーが給油ごとに10ドル、大型トラックドライバーが130ドル節約できたと述べています。

Related posts