スクリーンショット 2024 02 24 午後1.44.44最新記事 

カナダ人も困惑?コーヒーショップでのチップ、真のエチケットとは


カナダ全土でチップ文化についての熱い議論が巻き起こっています。特に、コーヒーショップでのチップの習慣がクローズアップされ、消費者の間で「もっと多く、よくチップを払うべきか」という疑問が高まっています。

レストランでのチップは比較的明確ですが、コーヒーショップでのチップはどうでしょうか?この問題に対し、カナダに新しく来たある人が、人気のオンラインフォーラムで質問を投げかけました。すると、様々な意見が寄せられました。

「サービスを受けたらチップを、自分でカウンターからコーヒーを取ったらチップは不要?本当?」この疑問に対し、一部のネットユーザーは「注文内容による。シンプルなドリップコーヒーならチップはなし。でも、手間がかかるカプチーノなら、はい、チップを残します」と回答。

地元のコーヒーショップや個人経営のカフェでは特に、チップを渡す傾向にあるという人も。しかし、バリスタ自身は「顧客にチップを強制すべきではない」と主張。彼らは「私の収入は雇用主から得るべき。顧客が負担すべきではない」と訴えています。

この問題について、他のユーザーもバリスタの意見を支持し、「チップを払いたくなければ払う必要はない」としながらも、「カフェに再訪するなら、チップをお勧めする」というバランスの取れたアドバイスを提供しています。

カナダでは寛大なチッピングが期待されがちですが、この習慣は世界的に見ても一般的ではありません。最近のレポートによると、北米は世界で最も高いチップ率を誇り、アメリカがトップでカナダがそれに続くとされています。

では、コーヒーショップでのチップについて、あなたはどう考えますか?

Related posts