infation 2 0216最新記事 

カナダ年間インフレ率は5.1%に上昇

カナダ人の購買力は先月、賃金が30年以上ぶりに5%を超えた年間インフレ率を上回ったため、さらに衰退しました。

カナダ統計局は水曜日に、住宅、ガソリン、食料品の価格が上昇したことにより、1月の年間インフレ率が5.1%に上昇したのに対し、12月には4.8%上昇したと報じました。同じ期間内で、賃金は2.4%上昇しました。

会計事務所RSMCanadaのエコノミストであるTuNguyen氏は、消費者は買い物場所’をディスカウントストアへの切り替え、価格が急上昇した牛肉、鶏肉、魚の代わりに安価なタンパク質を選択することで、消費をセーブする方法を探していると述べました。

「必需品である食料、住宅、ガソリンに費やす費用が多いほど、娯楽や旅行などの裁量的な品物に費やす費用が少なくなります」とグエン氏は述べています。

1月のインフレ要因が続く中、家計への負担は今後数ヶ月さらに悪化する可能性があります。

ガソリン価格は先月、2021年1月と比較して31.7%上昇しました。これは、ウクライナに対するロシアの軍事行動の脅威に関連する世界的な石油供給に対する懸念の高まりを背景にしています。

1月の食料品の価格は、世界的なサプライチェーンの問題に関連する輸送コストの上昇により、前年比6.5%上昇しました。これは2009年5月以来最大の年間上昇率です。また、トラッカーによるデモ隊が主要な国境を越えて封鎖し、月初めに乳製品価格が大幅に上昇したため、さらに上昇する見込みだという。

住宅費用は前年比6.2%上昇し、1990年2月以来の最速のペースでした。これは、新築住宅の価格上昇と家賃の上昇によるものです。グエン氏は、中央銀行が金利を引き上げれば、カナダの住宅市場は冷え込むはずだと述べたが、住宅の供給不足と需要の高さの問題は、引き上げだけでは解決できないと述べています。

中央銀行は、2020年3月のCOVID-19パンデミックの発生以来、主要な政策金利を0.25%に維持してきましたが、最近、緊急水準で金利を維持するという約束を取り下げました。

カナダ銀行は、インフレに歯止めをかけるため、次の予定されている金利発表で金利を引き上げると予想されています。

cpi excl gasoline
カナダ年間インフレ率は5.1%に上昇

Related posts