university e1668882673946最新記事 

カナダ政府、留学生に重要な更新を発表

  1. 生活費の要件の増加: 移民、難民、市民権大臣のマーク・ミラー氏によると、2024年1月1日から、国際学生の生活費に関する財政要件が増加します。これにより、学生はカナダでの生活に必要な財政的準備を整えることが求められます。新しい要件では、申請者は最低20,645カナダドルを用意する必要があります。これは低所得カットオフ(LICO)の75%に相当し、必要最低限の生活費を示します。この要件は2000年代初頭以来変更されておらず、以前は単身申請者に対して10,000ドルでした。
  2. 労働時間制限の更新: 国際学生に対する週20時間の労働時間制限の復活も提案されており、来年の春に再び実施される可能性があります。ただし、その前に変更がある場合はこの限りではありません。2023年12月7日までに学習許可を持っているか申請している国際学生は、2024年4月30日まで20時間の労働時間制限が免除されます。政府は今後も政策の選択肢を検討し、クラスが開催されている間のオフキャンパスでの労働時間を週30時間まで拡大する可能性があります。
  3. ビザの制限: ミラー氏は、カナダ政府は2024年9月までに、学生の学術経験に必要なサポートを提供する教育機関を確認するために、ビザの発行を大幅に制限する準備ができていると述べました。さらに、省や準州が連邦政府の要請に従わない場合、連邦政府は彼らが好まないような方法で介入すると警告しています。
  4. 留学生の声: 移民労働者連盟は、連邦政府の発表に失望を表明しました。インド出身の元国際学生であるデブ・カンボジ氏は、見込み学生に対する資金証明を倍増することは「残酷な」決定だと述べています。

これらの更新は、カナダでの勉強や働き方に大きな影響を与える可能性があるため、国際学生にとって非常に重要です。

Related posts