スクリーンショット 2024 02 27 午後9.06.46最新記事 

カルガリー⇔エドモントン45分!超高速列車プロジェクトが次のフェーズに

アルバータ州で提案されている時速1,000kmの新しい列車に向けて、新たな進展があります。州の首都地域にある土地にテストベンチを開発する計画が進行中です。

Transpodはエドモントンにある土地に長さ75メートルのテストベンチを建設する計画があることを明らかにしました。これは、「インフラを検証し、最終化する」ためであり、2024年のニュースレターでそれをほのめかしていました。

同社は、「この時点で」の優先事項は、フルスケールのテストトラックを建設する前にその構造を検証するためのテストベンチだと述べています。

「同時に、テストトラックの建設に向けて、いくつかの部分(例えば、建設許可の取得、通行権の取得、公開協議の開始、インフラコストの最終決定など)を準備しています」とTranspodのディアナ・ライ・リードが言います。

同社は、2025年末までにテストベンチの建設を完了し、提案されているプロセスでテストトラックを建設するためのテストを実施する予定です。

それが完了した後、Transpodはテストトラックの建設を開始し、テストトラックが完成したら、ポッドのテストに使用されます。

TransPodは以前、このプロジェクトが建設期間中に最大14万の雇用を生み出し、地域のGDPに190億ドルを加えると述べていました。

列車は、カルガリーからエドモントンまで45分で乗客を運ぶと考えられています。

2022年3月に、プロジェクトのためにブロートン・キャピタル・グループと中国東方資源輸入輸出会社から5億5千万ドルの民間資金が発表され、2027年にフルスケールの都市間ラインの建設が開始される予定です。

Related posts