スクリーンショット 2023 12 17 午前1.30.35最新記事 

カルガリー、他のカナダ主要都市よりも生活費が高騰!

カルガリーはバンクーバーやトロントよりも生活費が高いのでしょうか?答えは「はい」です。

統計カナダによる最新のマーケットバスケットメジャー(MBM)の更新によると、カルガリーで基本的な生活費をまかなうコストは、他のカナダ主要都市よりも高くなっています。

2022年のカルガリーでの基本生活費の総額は55,771ドルでした。これに対して、バンクーバーは55,727ドル、トロントは55,262ドル、エドモントンは55,225ドルでした。

「これらの大都市で生活するのは高額です」とカルガリー大学の経済学准教授であり、かつてブリティッシュコロンビア基本所得専門家パネルのメンバーだったリンジー・テッズはデイリー・ハイヴ・アーバナイズドに語りました。「カルガリーでのコストがかなり上昇していることに懸念を抱くべきです。」

しかし、これらの数字だけでは、実際の手頃な価格の全体像を示していません。しかし、それについて詳しく説明する前に、この指標とその意味を解説しましょう。

MBMは、カナダの公式な貧困の尺度であり、就労・社会開発カナダが開発した「控えめで基本的」な生活水準を代表する特定の商品とサービスのバスケットのコストに基づいています。

このしきい値は、2人の大人と2人の子供からなる家族の食料、衣類、住宅、交通、その他の必需品の特定の質と量のコストを表しています。

「これらの数字より下の収入を得ている人々は低所得であり、貧困状態にあるということです」とテッズ氏は言います。

バンクーバーとトロントでは住宅費が高いことは周知の事実ですが、カルガリーとエドモントンでも家賃と光熱費が大幅に上昇し、両都市の手頃な価格に影響を与えています。

「アルバータ州には食糧不安が高く、電気と保険のコストが高い上に、近年、家賃が急騰しています」とバイブラント・コミュニティーズ・カルガリーのアミーラ・シブジは語りました。

カルガリーは2021年に51,861ドルで国内第2位となり、バンクーバーだけが51,884ドルでそのコストを上回っていました。

そして、カルガリーやアルバータ州全体で平均的な収入が他の都市や全国平均よりも高いにもかかわらず、シブジ氏はそれが誤解を招く可能性があると述べています。

「カルガリーはトロントに次いでカナダで2番目に不平等な都市です」と彼女は言います。

「最高所得者と最低所得者の間の格差が広がっているという意味です」と彼女は付け加えました。

アルバータ州では約20万人が最低賃金を得ています。カルガリーでは、生活賃金は最低賃金よりも約9ドル高いです。

最低賃金は州政府によって法律で定められており、雇用主が法定最低賃金を下回る賃金を支払うことは許されていません。

生活賃金は、控えめな生活水準を維持するために必要な収入を反映しています。

これは、地域のコストを使用して平均費用を計算し、税金を差し引き、特定の世帯の政府移転を追加することによって決定されます。

カルガリーの最低賃金は現在、ほとんどの従業員に対して時間当たり15ドル、18歳未満の人に対しては13ドルであり、2018年以来増加していません。

生活賃金は基本的なニーズを考慮し、継続教育を追求したり、緊急貯蓄を持ったり、財産を築いたりするための追加費用を考慮に入れます。

「生活費をカバーするための十分な雇用収入は、貧困を減少させ、弾力的な都市と経済を構築するために不可欠です」とシブジ氏は言います。

「現在、カルガリーでは約5人に1人が住居費を負担できず、約11万5000人が極度のホームレスリスクに直面しています。究極的には、全ての政府レベルが迅速に動いて、手頃な住宅供給を増やし、維持する必要があります。」

彼女の組織は、アルバータ州政府と連邦政府が昨年、生活費を支援するためにいくつかの手頃な価格対策を導入し、インフレに合わせて所得支援を指数化する動きや、連邦政府の歯科給付プログラムなどを行ったことを歓迎しています。

Related posts