スクリーンショット 2024 02 09 午後3.13.15最新記事 

バンクーバー高騰家賃に一石!UBC学生の飛行機通学が話題に

バンクーバーの家賃が急騰する中、ブリティッシュコロンビア大学(UBC)の学生が、バンクーバーで部屋を借りるよりも、自宅のあるカルガリーから飛行機で通学する方が経済的であると話題になっています。

カルガリーに居住する学生、ティム・チェン氏は、バンクーバーのUBCへの通学に際し、週に2回、朝にバンクーバー国際空港に向かい、夜にはカルガリー国際空港へ戻るスケジュールを選択。この方式により、バンクーバーでの高額な家賃を避け、経済的に学業を続けることができています。

チェン氏によると、彼は両親と同居しているため、カルガリーでの住居費は必要なく、光熱費のみを負担しています。一方、バンクーバーでの一室の家賃が2,000カナダドルを超える現状では、この通学方法が格段に安価であると彼はRedditでの投稿で語っています。

この独特な通学方法は多くの注目を集め、多くの人がバンクーバーの家賃高騰に共感を示しています。また、同様の方法で通学しているという学生もおり、彼らはこのロジックに賛同しています。

チェン氏の飛行機通学は驚異的な代替案かもしれませんが、バンクーバーの賃貸市場に直面している多くの人々にとって、彼の方法がより理解できるものとなっています。Zumperによると、バンクーバーでのワンベッドルームの平均家賃は月額2,700カナダドルと、多くのカナダ人、特に学生にとって手が届かない額であると報告されています。

チェン氏の経済的な通学方法について、皆様の意見をお聞かせください。

Related posts