parks canadabison calf 1最新記事 

バンフ奥地のバイソン放牧計画に新たな動き

バンフの奥地に生息するバイソン保護地区範囲拡大が計画され、同時に狩猟による個体の削減も検討されることが報じられています。

バンフ国立公園の奥地に生息するバイソンの範囲を拡大する計画が進められています。この計画では、バイソンの生息地を拡大し、より広い領域で彼らが生息できる環境を提供することが目指されています。

一方で、範囲拡大と同時に、バイソンの個体数を管理するために狩猟が検討されています。具体的な削減数や狩猟の方法についてはまだ詳細が明らかにされていませんが、環境保護と生態系のバランスを考慮した上で行われる予定です。

この計画は、バンフ国立公園の生態系を保護し、バイソンの生息地をより適切な範囲に広げることを目的としています。バイソンの範囲拡大により、彼らの生態系への影響や資源の利用に関する研究も行われる予定です。

バンフ国立公園当局は、バイソンの範囲拡大と狩猟に関する計画について、地域の関係者や専門家と協力し、慎重な検討を行っています。バイソンの保護と生態系の健全性を考慮しながら、持続可能な管理策を見つけることが重要とされています。

Related posts