20230630 banff roam transit jh 0001最新記事 

バンフ町、ローカルバス路線の無料化を検討!環境と交通渋滞解消への一歩

バンフ町は、訪問者にも無料でローカルのRoamバス路線を提供する可能性を検討しています。現在、バンフの住民はローカル路線でのバス利用に料金がかかりませんが、12月20日に開かれた議会では、全ての人に対してRoamバス路線1と2を無料にすることを検討するよう行政に要請しました。この報告では、利用者の予測、資金源、運営および予算への影響などを含めた様々な点を調べます。

議員のグラント・カニングは、バスが無料で頻繁に便利であることが利用を最大限に高めるために必要だと述べています。「この計画は費用がかかると理解しています。もっとバスや運転手が必要になり、収入が減るかもしれませんが、バス停を大きくしたり、Roamバスセンターを拡張したりする必要があります」と彼は言います。

2023年には、ルート1(ゴンドラ/バンフアベニュー)とルート2(トンネルマウンテン-バンフスプリングスホテル)のピークタイムのバス運行頻度をそれぞれ17分おきと22分おきに増やしました。2023年の利用者数は、この2つのバンフのローカル路線で過去最高の150万人に達しました。そのうち40万人は無料で乗れる地元住民でした。

「地元住民向けの無料バスは大成功でした。さらに多くの車を街から減らす効果がありました」とカニングは言います。「私たちが今までに行った中で最も効果的なことは、地元住民に無料のバスを提供することでしたが、もっと改善が必要です」。

市長のコーリー・ディマンノは、ローカル路線での無料バスは「いつか」ではなく「実現すべき」と考えています。「サービスの頻度を上げると利用者が増え、無料にするとバンフの人たちが40万回も乗車したことを見てきました」と彼女は言います。「訪問客にも同じ行動を促すために、大規模に取り組む必要がありますが、その前にいくつかの質問に答える必要があります」。

ディマンノ市長は、カナダ公園局が設立した専門家パネルの「バンフ国立公園で持続可能に人々を移動させる」という報告書からの共通のテーマは、公園入場料を利用してバスの資金を調達することでした。「この夢ではなく、現実を計画する必要があると思います」と彼女は言います。

バンフ町が毎年約380万から400万カナダドルの訪問者有料駐車収入を得ていることから、カニングは、バンフのローカルルートでの無料バスはこれらの収入を活用する素晴らしい方法であると考えています。彼は、コミュニティをより良くサービスするために、毎年の有料駐車資金の大部分を無料バスのようなものに充てることを提案しています。「カナダ公園局と協力して、さらなるトランジットイニシアチブを推進しましょう。このプログラムの影響は大きいでしょう」と彼は付け加えました。

最終的に、議員のテッド・クリステンセンは、無料バスの意味を調査することを支持し、「大胆で先見の明のある」と呼びました。しかし、それと同時に、彼は町内の車両数を規制または制限する必要があると述べました。「それをしなければ、何千人もの人々と車両が増えるでしょう」と彼は言いました。

Related posts