スクリーンショット 2024 02 24 午前11.34.39最新記事 

マギル大学とコンコルディア大学が、州政府による授業料の値上げに対抗


マギル大学とコンコルディア大学が、授業料の値上げに対抗してケベック州政府に対して個別に訴訟を起こし、裁判所に授業料の引き上げの取り消しを求めています。

マギル大学は2月15日の理事会での全会一致の投票を受けて、金曜日の朝に訴訟を発表しました。

「私たちは、これらの措置が違法であり、維持された場合、マギルの使命、世界トップクラスの大学としての地位、およびケベックにおけるその重要な役割を脅かすと信じているため、この法的措置を講じています」と、マギルのディープ・サイニ学長兼副総長はニュースリリースで述べています。

大学は昨年12月に州政府が発表した2つの措置に挑戦しています。

一つ目は、州外のカナダ人学生に対する授業料の値上げを義務付けるケベック州の措置です。

二つ目は、州政府が「留学生の資金調達モデル」に対して行った変更です。

マギル大学によると、2023年10月にこれらの授業料政策が発表されたことで、ケベック州外の学生からの応募が前年比で20%以上減少し、国際学部の学生からの応募は5%以上減少しました。

「これらの措置によるマギル大学への財政的影響に加えて、私たちのリクルーターからは、これらの措置が学生にケベックへの来訪をためらわせていると聞いています」とサイニは付け加えました。

「ケベッカーがとても温かく歓迎してくれること、そして雇用主がこれらの才能ある若者をどれだけ求めているかを考えると、これは特に悲しいことです。」

州の高等教育大臣、パスカル・デリは、授業料の値上げが資金増加に役立ち、フランス語圏と英語圏の学生のバランスを取るのに役立つと述べています。

もし州外または国際の学生がこれらの学校に申し込むことを考えている場合、知っておくべきことがあります。

授業料の値上げ訴訟が学生に意味すること

これらの学術機関は自身の経済的利益を考えていますが、訴訟はまた、将来の学生がこれらの学校での教育を余裕できる能力にも利益をもたらすことを期待しています。

ケベック州の現在の授業料措置(今年秋に実施される予定)では、州外の学生の授業料が約9,000ドルから年間最低12,000ドルに30%引き上げられます。

マギル大学またはコンコルディア大学の国際学生は、最低20,000ドルの授業料を支払う必要があります。州政府は約3,000ドルの手数料を徴収します。

さらに、ケベック州は、州外および国際の学生の80%にフランス語を学ぶことを要求しています。彼らは学部終了時までに、会話ができるレベル5の口頭能力を示す必要があります。

訴訟は主に、授業料の値上げに関わる2つの措置の適用を中止するよう裁判所に求めており、政策が次の理由で問題であると主張しています:

カナダ人権章典およびケベック人権及び自由憲章に基づく差別を構成する。 高等教育大臣の権限の不合理な行使であり、高等教育、研究、科学技術省法によって彼女に割り当てられた使命と互換性がない。 不適切な協議と不公正なプロセスによって採用された。 国民議会の許可なく課される変装した違法な税金を構成する。 州間貿易への憲法上の障壁を作り出し、学生の移動性、大学の選択、教育へのアクセスを制限する。 マギル大学とコンコルディア大学はまた、新しい授業料モデルへの改善案を提出しました。

コンコルディア大学は昨年12月に発表された発表で改善案を概説しました。

授業料に関しては、ケベック州の居住者でないカナダ人学部学生に対して、3段階の解決策を提案しました。

「他の州の大学とケベック州の大学の競争力を維持するために、学問分野によって異なります: 9,000ドル、14,000ドル、20,000ドル」とリリースに記載されています。

「例えば、芸術、教育、科学プログラムは下位層に、工学プログラムは中位層に、医学、薬学、法律プログラムは最上位層に位置付けられます。」

学校はまた、フランス語の要件をわずかに緩和し、非フランス語話者の学生の40%が卒業時にレベル6の習熟度を達成することを提案しました。

「政府が私たちの強化された提案を真剣に検討し、大学と協力して、すべての人に利益をもたらし、私たちの社会と経済にとって良い政策を開発することを期待しています」とコンコルディア大学のグレアム・カー学長は述べました。

Related posts