20240222200240 fa395afa8b02de0d4bf9716bb25f1f6542376611cfbdc834af5e935364dfe04d最新記事 

リンクス・エア、運航停止へ―顧客にはクレジットカード会社経由での返金を勧告

カナダの低価格航空会社リンクス・エアは、来週月曜日より突如運航を停止し、その後の予約を持つ顧客に対しては、クレジットカード会社から返金を受けるよう案内しています。

木曜日夜に発表されたプレスリリースによると、カルガリーを拠点とする同社は、債権者保護を求めてアルバータ州キングズ・ベンチ裁判所から初期命令を得たと述べています。同社は、月曜日の午前0時1分より運航停止が実施されるものの、この措置によって影響を受ける顧客の数については言及していません。

リンクス・エアは、ウェブサイト上のよくある質問コーナーを参照するよう顧客に指示。同セクションでは、週末を通じて大半のフライトが運航され、キャンセルとなったフライトの顧客には電子メールで通知されると説明しています。また、運航停止後は、旅行やフライトのバウチャーが使用できなくなるとも述べています。

「現在、顧客を支援するため全力を尽くしています」と同社はプレスリリースで表明。「既に予約を完了している顧客には、予約済みの旅行に対する返金をクレジットカード会社を通じて確保することを勧めます」とアドバイスしています。

昨年1年間で高騰したコスト、燃料価格の上昇、為替レートの変動、空港使用料の増加、難しい経済・規制環境など、「重大な逆風」に直面したと同社は説明。2022年4月に初フライトを開始した同社は、機材数や目的地の増加、過去2年間での乗客数の倍増を遂げましたが、「事業の大幅な成長、運営の継続的な改善、コスト削減、売却や合併の模索にもかかわらず、会社が直面する課題は克服できないほど大きい」と結論付けています。

リンクス・エアのスポークスパーソンは、「会社全体にとっても、顧客にとっても非常に困難な日である」と述べ、「財政的な圧力の増大が、運営の継続を不可能にしました」と悔やみました。

カナダの運輸大臣は、「リンクスのニュースに影響を受ける全ての人々を思っています。リンクスで帰国フライトを予約していた旅行者に対しては、できるだけ早く帰宅できるよう支援することを期待します。運賃が認められない場合は、完全な返金を期待します」との声明をソーシャルメディアで発表しました。

リンクス・エアの機材は、9機のボーイング737 Max 8で構成され、カナダの主要都市やアメリカのフェニックス、サンフランシスコ、タンパベイなど23の目的地をリストアップしています。最新の超低コストキャリアとして、スティーブン・ブロンフマンのクラリッジ・インクや、ウィズ・エアやフロンティア航空などのノーフリル航空会社に投資するアメリカのプライベートエクイティファーム、インディゴ・パートナーズなどが投資家に名を連ねています。昨年6月にCEOが退任し、後任は未だに発表されていません。

Related posts