20230828100848 64ecb44fd462351147322986jpeg最新記事 

中古車不足!新車買えな〜い、え?中古車新車よりも高いじゃん!

供給チェーンの問題の影響を受け、中古車市場は供給不足に直面しています。カーディーラーのうち少なくとも51%が、中古車の調達に関する問題がパンデミック以降悪化しているようです。

中古車市場は、自動車産業がCOVID-19パンデミックの発生以来抱えてきた供給チェーンの問題から回復する一方で、車両の不足感を依然として経験しています。

自動車分析会社であるカナディアン・ブラック・ブックのダニエル・ロスによると、パンデミック中に新車の供給が大幅に制限されたため、中古車は消費者にとっての代替品となり、中古車の価格が上昇し始めたと言います。

「しかし、金利の上昇とインフレ全体の影響により、手頃な価格が主要な懸念事項となっています」と、カナダ銀行が増加するコストを抑制するための最新動向について述べています。

CBBの自動車業界洞察の上級マネージャーであるロスは、これが買い手を小型の中古車に向かわせており、これまで人気のあったSUVやピックアップトラック、高価格の新車よりも、今後12~18ヶ月にわたって続くと予想されるトレンドだと述べています。

しかし、市場には成長する需要に対応するだけの十分な中古車がありません。DesRosiers Automotive Consultants Inc.によれば、ディーラーは中古車の調達に苦戦しており、今後数ヶ月の売り上げ減速が予想されています。

DesRosiersの最新の推定によれば、2023年の新車の売り上げは、フランチャイズ加盟店の中古車ディーラーでは1ロケーションあたり305台、独立系中古車ディーラーではわずか140台となる見込みです。これは今年初めに引用された売り上げ予測よりも低い数字です。

少なくとも51%の調査対象のカーディーラーは、パンデミック以降中古車の調達に関する問題が悪化したと、DesRosiersが今月初めに報告しています。

供給制約の一因は、人々が通常よりも長期間にわたって車を保有しているため、中古車の供給チェーンにボトルネックが生じていることです。オンタリオ州中古車ディーラー協会の暫定マネージャーであるジム・ハミルトンは、「平均して4年または5年の所有期間の後、人々は新しいモデルに乗り換えることを考えます。」と述べています。

「しかし、今では車を2倍の時間保持しているため、サービスビジネス(オイル交換、ブレーキ修理、メンテナンス)にお金が増えています。」

DeRosiersの別の調査によれば、2023年第1四半期のアフターマーケット小売業者は、自動車部品の売り上げが前パンデミック時と比べて増加していると報告しています。

カナダの小売売上げ統計によれば、自動車および部品ディーラーによる6月の売り上げが5月から2.5%増加し、全体的な0.1%の成長率よりもはるかに高くなりました。

CBBのロスもこれらのトレンドを見ています。彼は、人々が車のリース契約を期限前に解約し、修理に多くの費用を費やし、中古車市場から遠ざけていることを述べています。

デイリーレンタルフリートも通常の購入者の足跡に従い、古いフリートを新しいものと交換できないため、車両を長く保有しています。これにより、これらの車両は予想通り中古車市場に投入されていません。

「これにより、過去に比べて供給に制約がさらにかかります」とロスは述べています。

2020年から2021年まで、中古車の価格は車部品の供給に類まれなバックログを抱えた自動車メーカーが新車をショールームに持ち込むために苦労したことから、34.5%上昇しました。

中古車の価格が安定してきた今、過去2年間高い価格のために購入を見送っていた人々が市場に参入しています。

オープン・アクセス社のファイナンシャル・プランナー、シンディ・マルケスは、彼女のクライアントが予算内に収めるために新車の期待を下げたり、遅らせる代わりに、必要な時だけ車を購入する動きがあると述べています。

「金利が下がるのを待つ問題ではなく、彼らが望んでいた車ではなく別の車を購入することが求められています」と彼女は言いました。

限られた資金調達オプションも、中古車市場を買い手にとって魅力的にしています。Desjardins Ontario Credit Unionのトロントおよび南西州担当副社長、ロナルド・コーベットは、購買力の低下と金利の上昇により、車のローンの資格を得る可能性が多少難しくなっていると述べています。

コーベットは、「人々はすべてのコスト、つまり食料品、住宅ローン、家賃などの価格を見て、車の購入に月に40ドルまたは60ドル余分にかけることを望まない傾向にあります。」と述べています。

CBBのロスは、今年は一部の新車の供給チェーンが改善され、ショールームでより多くの車両が利用可能になり、中古車の需要からの圧力がいくらか緩和されていると述べています。それでも、まだ断続的な状況が続いています。

「市場価格の上昇効果を加えると、ショールームは新車市場に対する消費者の関心が以前ほど強くないとは必ずしも言えません」とロスは述べています。

長年にわたる新車への限られたアクセスが条件を変えました。

以前は、顧客が新車を購入し、別の新車と取り替えることがありました。最初の車両は中古車市場への供給を追加していました。

「しかし、逆の状況が見られるようになりました。新車在庫は増加しており、一方で中古車在庫は減少しています。」

彼は新車が中古車の供給チェーンに広がるのに少なくとも2年かかると述べています。

「回復は新車市場から始まります。新車の販売がない場合、中古車もありません。」

Related posts