20230918150952 ae3dd100e476500dff0a54dd602ed2291e061a6cbade75295548899ea138f3d6最新記事 

カナダがインドを非難、インドが反発:シーク教徒指導者殺害事件が外交問題を引き起こす

カナダのトルドー首相は、ことし6月にカナダ国内でシーク教徒の指導者が殺害された事件について、インド政府の関与を疑い、カナダ政府がインドの外交官を追放したことを明らかにしました。インド政府はこれに強く反発し、カナダの外交官を追放する対抗措置をとりました。

ことし6月、ブリティッシュ・コロンビア州のシーク教寺院の外で、カナダ国籍のシーク教徒の指導者が銃撃されて死亡しました。この指導者は、インド北部のシーク教徒の独立運動を支援していたとされています。

トルドー首相は18日に、インド政府の殺害への関与疑惑について批判し、「外国政府によるカナダ国民の殺害は主権の侵害である」と述べました。ジョリー外相も、事件に関与したと疑われるインドの外交官1人を追放する決定を発表しました。

インド政府は、トルドー首相の声明を拒絶し、カナダ政府をシーク教徒の分離独立運動を支援することで非難しました。そして、カナダの外交官1人を対抗措置として国外に追放することを発表しました。

カナダには約80万人のシーク教徒がおり、政治的な影響力も持っています。カナダとインドは以前、経済や貿易の面で関係を強化しようとしていましたが、この問題により外交関係が悪化し、対立が深まる可能性があります。

Related posts