houses最新記事 

カナダの若者の半数が住宅からの立ち退きを恐れている

2023年の調査で、カナダ人の半分以上が収入の50%を家の費用に使っていることがわかりました。StatCanの分析では、2021年には賃貸者の約17%が住む場所の問題を抱えていました。これは、家が小さすぎたり、高すぎたり、条件が良くない場合を指します。特に貧しい賃貸者は、この問題が一般の賃貸者よりも3倍以上ありました。COVID-19の給付金によって一時的に状況が改善されましたが、根本的な問題は残っています。

ハビタット・フォー・ヒューマニティ・カナダの調査では、カナダ家庭の状況は過去2年で悪化していると報告されています。多くの人が家賃や住宅ローンの支払いのために、食事や必需品を削ることを心配しています。

特に若い世代では、収入の半分以上を住宅に使っている人が多く、家賃やローンの支払いに困って立ち退きの恐れを感じている若者もいます。多くの人が家を持つことで金銭的、精神的、身体的な利益があると信じていますが、手頃な価格の家が不足しているという認識も広がっています。

子供たちが将来家を持てるかどうかが大きな心配事となっています。StatCanによると、親が家を持っている場合、子供も家を持つ可能性が高くなります。親からの金銭的な援助が増えており、これが世代間での不平等を生み出していると指摘されています。

Related posts