一番気になるよね?有名所の湖はいつ溶けるの?

今はツイッターやインスタグラムで簡単に生情報を確認できますが、バンフに編集部があるキャンナビが詳しく丁寧に有名な湖の大胆融解情報を教えちゃいますよ!

エメラルドレイク

canada-yoho-national-park-emerald-lake

まず最初に湖面を見せてくれるのがこの湖!例年はゴールデンウィーク直後には全面融解します。
雪が溶けた後に始まるレンタルカヌーは絶対に乗りたい!
だって、こんななんだよ〜!!!!!!!

レイクルイーズ

さて、レイクルイーズもかなり湖面が顔を出し始めました。
写真の撮り方によってはかなり融解がすすんでいるようにも見えます。

canoe-lake-louise-zizka-5h-sm.jpg.694x390_default

毎年、完全に溶けるのは例年6月第一週。よほど運が悪くなければ5月最終週には湖面の大部分が顔をのぞかせて青い湖面が楽しめます。
今年は雪が例年より少ないので私の予想では6月1日に完全融解

モレーンレイク

news_mtnnews2-1-cd1c0a5e13e77f75

この湖がロッキーで最も人気があります。
レイクルイーズからモレーンレイクロードと呼ばれる15キロほどの道路を車で20分ほど走った所にあるのですがこの道路が開かないと訪れる事は出来ません。

ちなみに2019年のビクトリアデイは5月20日ですからオープン日は5月21日。国立公園の発表では除雪作業は順調に進んでおり、予定通りオープンとの事です。

しかし、知っておきたいのがこれです。
オープンしてすぐには絵葉書のような青い湖面は見られません。

AB_MoraineLake04

モレーンレイクロードオープン直後のモレーン湖
この写真のように水があまりないのです
絵葉書のような景色は6月第一週以降に見られます。
しかしながら湖の後ろにあるテンピークスという山々が美しく十分神々しい絶景が楽しめます

ペイトーレイク

peyto-lake-banff-national (1)

2019年シーズンは駐車場工事の為、夏季は展望台クローズとの悲しい知らせがありましたが、なんと今月に入ってから8月半ばまでは工事が始まらないとの嬉しい知らせ!

去年は6月半ばにオープンしました。しかしながら実はこの湖、道路がオープンするとっくの前に溶けているのです。
駐車場はツアー用と一般用の2つあります。
ツアー用は展望台から3分、一般用は展望台から15分。
一般駐車場は1年中開いているので15分歩けば5月の最終週には青い写真のような景色が楽しめます。

ツアーでは通常時間が足りないので上の駐車場が開くまで連れていってもらえません。
レンタカーの方は上の駐車場が閉まっていてもぜひ歩いて訪れて下さい、絶対に損はしません!

ボウレイク

標高は1920mと高いので溶けるのが最も遅いです。それでもレイクルイーズが溶けてから一週間以内には氷がすべて溶けます。

まとめ

今年は雪が少なかったのですが、春に天候の悪い日が多く、溶けるのが数日例年より遅れている印象です。
ペイトーレイクは8月半ばまでオープンとなっていますが、工事の準備が整えば予定が繰り上げられる事がありそうです。
6月に入ると全ての湖が溶けているのは確実なので、今年のロッキーは早めに訪れた方が良いようです。今年ロッキー旅行を計画している方は急いで!

>>キャンナビ編集員が企画するロッキーを一番効率よく巡れるツアー