プーティンを食べないとカナダに来た事になりません!

プーティンって知ってますか?
カナダ料理といえばずばりプーティンです。プーティンを食べなければカナダに行ったとは言えません!
そのプーティンがバンフで1番美味しいとの噂のお店が今回紹介する「カリトス・ピッザリア」です。

場所はダウンタウンから徒歩10分ほど離れた「バンフ・イン」というホテルの中にあり。外からは見えない隠れ家的なスポーツバータイプのピザ屋です。
>>グーグルマップ

「プーティン」とはフライドポテトにグレイビーソースとチーズカードがたっぷりとかけられた料理で、ポテトとソースが絶妙な味をかもしだしています。
まだ日本ではあまり知られていないですがカナダでは定番のローカルフードです。
大事なことなのでもう一度。プーティンを食べなければカナダに行ったとは言えません。トッピングも多彩です。

カナダの名物料理「プーティン」は1950年代の後半にカナダのケベック州が発祥と言われています。カナダではマクドナルドやケンタッキーフライドチキンなど有名ファーストフード店でも食す事が出来ます。

カナダの名物料理であるプーティンは熱々フライドポテトの上にグレイビーソースとチーズがのったものですが、この「チーズ」は一般のチーズではなくチーズカード(Cheese Curds)が使われます。チーズカードはチーズを通る工程の中で生まれます。

チーズをつくる工程で温めたミルクに乳酸菌や酵素を加えると数時間で豆腐のように固まります。この固まったものがチーズカードです。たんぱく質や脂質、カルシウム、ビタミンなどの栄養がたっぷりと含まれておりプーティンは栄養たっぷりのファーストフードなのです。

カリトス・ピザリア」は完全なローカル運営!ピザ生地は毎日新鮮な小麦粉から作られ常温で発酵、その後冷蔵庫で2次発酵させられます。チーズにこだわりも持ったピザをぜひ楽しんでみては?

バーガーもパテから手作り!

TEXT : Masakazu