チップって考えるのもめんどくさい・・・。実際どんな感じか教えます

チップって考えるのめんどくさいです。
ググってみると大体こんな感じっすよね?

「特別なサービスを受けた時に支払いましょう。」
「レストランでは10%〜15%置くのが普通です。」


特別なサービスってなんだよ?
レストランに置くってなんだよ、クレジットカードで払うんだけど・・・」

チップってどんな感じかお伝えしましょう!
ただし、北米限定のルールです。ヨーロッパは行った事ないので知りませんのであしからず。

更にカナディアン・ロッキー限定で言わせていただきます。

チップを払う場所はほぼ、レストラン以外にありません。

よくカナダ到着初日に、ホテルの枕銭の為に必死にコインを手に入れようとしている人がいますが北米では毎日丁寧にハウスキーパーの為にコインのチップを置く人はまずいません。
そもそも、ハウスキーパーはベット周りにある小銭を取りません。コソドロと間違えられるぐらいなら小銭に手を出すのは危険だからです。どうしてもチップをあげたいならメモに「これはチップです、受け取ってね!」って書いてあげて下さい。そしたら安心してチップを取ってくれるでしょう。
そしてチップとして残すならコインじゃなくて札の方が失礼でなくて良いと思います。

レストランのチップのルールは「ガチ」で熟知しておいた方がいいです。

もちろんマクドナルドではチップは必要ありません。チップが必要かどうかの基準はお金を払う時にレジに行くか、ウェイターが席まで来てくれるかどうかがおおまかな基準になります。

まず日本人が大きな勘違いしがちな所は以下の点です。

「サービスが良くなかったらチップ無しでいい」

合ってるんですけどちょっと違うんです。なにが違うかというと、コレを理解してないとちょっと大変!それは何かというと・・・・

「レストランに関しては、チップを上乗せした料金が正規の値段」

↑って意味わかります?
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、チップを上乗せした料金が定価なんっす。だからチップを払わないと正義感の強いウェイターによってはチップ料金払ってないよ〜って追いかけてくる人もいます。

つまりチップは心付けじゃなくて料金の一部って感じの風潮なんっす、完全料金の一部。
コレは諦めて北米ルールに従った方が心ザワザワせず過ごせます。

サービスが悪すぎてチップを払いたくない場合はその場でしっかり理由をウェイトレスに伝えた方が良いでしょう。そうしないとマジで泥棒まではいきませんがトンデモない人扱いになる可能性があります。

バンフのレストランでのチップは現在18%支払えば問題ないです。

「18%!!!」

高いと思いますよね?でも、実際15%が最低のチップレートな感じになってます。

チップはクレジットカードでも支払えますので現金を用意する必要は皆無ですのでご安心下さい。ウェイトレスが持ってくるカード支払いの端末は現在ビジュアル的にものすごく分かりやすいです。

ガイドブックや旅行会社のウェブサイトなどでは知り得ない現地情報でした!