バンフ国立公園の主な見どころ

バンフ国立公園の歩き方

バンフ市内からはレンタカーもしくはツアーを使わない見どころを紹介。
バンフとレイクルイーズ間は公共の交通機関は2種類。それ以外の場所はレンタカーかツアーを利用するしかない。

Hop On Banff

バンフ − レイクルイーズ − モレーンレイク間を1日4往復するシャトルバス。
1日60ドルで乗り降り自由。2019シーズンは5月25日から10月2日まで運行。
バンフを訪れるのは2回目でレイクルイーズとモレーンレイクをじっくり堪能したいという人におすすめ。
>>Hop On Banff

 Roam Public Transit

バンフとレイクルイーズを往復する市バス。地元住民が通勤用なので片道8ドル。レイクルイーズ湖畔のシャトーレイクルイーズでアフタヌーンティーを楽しんだりハイキングをする人には最適な交通手段だ。
>>Roam Public Transit

主な見どころ

レイクルイーズ

おそらくカナダで一番有名な湖と言っても差し支えないほど有名な湖がこのレイクルイーズだ。湖の幅は1.5Km、奥行きはなんと2.5Km。レイクルイーズは典型的な「氷河湖」である。現在でも湖の一番奥にあるマウント・ビクトリに発達するビクトリア氷河の溶け水が流れ込んでいる。そのため水深50センチ以下の場所では水温が年間を通して4度ほどしかない。
レイクルイーズが有名になった理由はカナダの登山発祥の地になった事にある。
1885年に大陸横断鉄道が完成するとヨーロッパから貴族達がカナディアンロッキーを訪れた。登山は貴族の高尚な遊びの一つである。ヨーロッパの山はほぼ全て初登頂を遂げられていたがヨーロッパ貴族が目にしたロッキーには未踏峰の山がごろごろしていたのだ。そんな未踏峰の山に囲まれたのがレイクルイーズ。レイクルイーズ湖畔に登山用のキャビンが設置された。これが現在でもレイクルイーズの湖畔にそびえ立つ高級ホテル「シャトーレイクルイーズ」始まりだ。

レイクルイーズの歩き方

バンフからは車で1時間、6月後半からはとにかく混み合う。午前7時までにはレイクルイーズに着くように計画を立てるべし。午後9時には駐車場が満車になり、レイクルイーズから20分離れたハイウェイ1沿いの駐車場に車を停めてシャトルバスでレイクルイーズへの移動となる。バンフに宿泊しているならバンフからのシャトルバスを利用した方が無難。
レイクルイーズの地名の付く場所は2箇所あるので注意。一つはハイウェイ1沿いにあるショッピングモールやスーパーマーケットなどが集中する「レイクルイーズ・ビレッジ」。
周辺には中規模のホテルやユースホステルがある。この「レイクルイーズビレッジ」から急なカーブをいくつも曲がりながら標高300メートルほど上に上がった場所にあるのが有名なレイクルイーズだ。

バンフからの交通
交通手段は2つトームトランジットはバンフとレイクルイーズを直接結ぶExpressとバンフーレイクルイーズ間のジョンストン渓谷などを経由するLake Louise Scenicがあります。
>>Hop On Banff 

・Lake Louise Express(8X)
>>バススケジュール

バンフからレイクルイーズ
7:30 8:30 9:30 10:30 11:15 12:00 12:45 13:30 14:15  15:00 15:45 16:30 17:00 18:00 19:00 22:00(最終)

レイクルイーズからバンフ
8:30 9:30 10:30 11:30 12:15 13:00 13:45 14:30 15:15 16:00 16:45 17:30 18:00 19:00 20:00 23:00(最終)

・Lake Louise Scenic(8S)ー3便 <6月21日から9月3日まで>
>>バススケージュール

バンフから 9:30 13:30 16:30
レイクルイーズから 11:00 15:00 18:00

レイクルイーズの見どころはシャトーレイクルイーズの美しい庭園越しに見る湖と湖の一番奥にあるマウントビクトリア、その頂きの中腹にある氷河だ。
上の写真にあるように人の手によって作られた庭園と自然の織りなす絶景は最高の写真スポット。

レイクルイーズ周辺には多数のハイキングコースがある。湖畔を反時計回りに半周するコースが最も簡単である。シャトーレイクルイーズの庭園のすぐ横から森の中から上へと続くハイキングコースがある。このコースを1時間半ほど登るとレイクアグネスという小さな湖に着く。湖畔には素敵なティーハウスがあり、100年前の貴族の気分を味わうことができる。
ホテルのコンシェルジュで予約すればこのティ−ハウスまで馬で来ることも可能。

レイクルイーズスキー場ゴンドラ

レイクルイーズから一番居場所にあるロッキー最大のスキー場。夏はゴンドラとリフトが観光用に開放されている。
リフトを降りた展望台からは絶景のレイクルイーズとビクトリア氷河を始めとするロッキーを代表する山々が眼下に広がる。天気が良ければバンフ国立公園で一番高いマウントアシニボイン(3,618 m)が見えることもある。
大きなログハウス風の建物にチケットセンターがあり、チケットを受け取った後に乗り場横の小屋で安全説明を受ける。その後一約14分で2,088mの高原へ。

山頂駅に着くと簡単なハイキングコースを楽しむ事が出来る。駅から10分ほど歩くとビジセンターがあり、ロッキーに住む動物たちの展示がある。
オススメはビジターセンター2階にあるホワイトホーンビストロ。晴れた日なら必ずここでの昼食をオススメする。バンフ国立公園で一番眺めの良いレストランと言ってもいいと思う。

レイクルイーズとレイクルイーズビレッジからは営業時間は15分間隔で無料シャトルバスが出ている
期間:現在未定
営業時間:現在未定
>>レイクルイーズゴンドラ

モレーン・レイク

レイクルイーズと同様にバンフ国立公園で最も人気のある湖。
レイクルイーズからは、モレーンレイクロードを車で20分。
とにかく、駐車場が狭く混み合う。最盛期には午前8時には駐車場が満車になるのでもモレーンレイクロードの入り口に係員が立ち規制が始まる。実質午前9時以降は自家用車では入れないと思った方がいい。
レイクルイーズからバスが出ているのでバスを利用しよう。

モレーン湖の一番手前には小さな岩の山が有り。インスタグラムなどで紹介される写真はほとんどがこの山の上にある展望台から撮ったもの。駐車場から徒歩10分ほどで頂上の展望台まで上がる事が出来る。

またレンタルカヌーで漕ぎ出すのも最高だ。レンタルカヌーは湖畔沿いにあるモレーンレイク・ロッジを過ぎた辺りにある。
料金:1時間 / $105カナダドル〜

交通
モレーン・レイク(レイクルイーズより往復6ドル)

5月24日〜10月14日までレイクルイーズからバスが出ています。
>>バススケジュール
5月24日〜10月14日
レイクルイーズ始発 8:40 <20分間隔> モレーン湖発レイクルイーズ行最終 17:40
6月24日〜9月29
レイクルイーズ始発 6:00 <20分間隔> モレーン湖発レイクルイーズ行最終 17:40


ボウバレーパークウェイ

バンフとレイクルイーズ間はトランスカナダと呼ばれるハイウェイで約1時間。このハイウェイと並行して1Aと呼ばれる旧道が走っている。
レンタカー利用でバンフからレイクルイーズまで移動する人は1Aを利用すべきだ。野生動物との遭遇率が高く、ハイウェイと違って観光専用道路なので車を道端に停めてゆっくり動物を鑑賞することが出来る。

ジョンストン渓谷

長年の水の侵食で石灰岩が侵食されて出来た深い渓谷。乾燥したロッキーのでは苔むしたむしろ日本的な風景。
見どころは駐車場から歩いて30分1キロにあるロウワー滝と更に1.6キロ上流にあるアッパ−滝。
冬になると滝は完全凍結しアイスクラーマーの絶好のゲレンデとなる。
日本に住んでいる人には冬の景色の方がより印象的である。
夏季は午前8時には到着しておかないと駐車する場所がないので注意。
交通:
>>Hop On Banff 
Roam Bus Lake Louise Scenic(8S)ー3便 <6月21日から9月3日まで>
>>バススケージュール
レンタカー
   ツアー
平均所要時間>>ロウワー滝1時間・アッパ−滝4時間

キャッスルマウンテン

ロッキーを代表する山の一つ。 かつてこの地を訪れた探検家が生まれ故郷のお城に似ていたことからこの名前がついた。
おすすめビューポイントはは3箇所。
交通:いずれの場所もレンタカーもしくはツアー
平均所要時間はいずれも15分程度

1.ハイウェイ沿いの展望台


キャッスルマウンテンが最もお城らしい美しい形で眺めることが出来る。
バンフを出発してレイクルイーズ方面に車を走らせると25分程で真正面に上記写真のキャッスルマウンテンが見えてくる。
レイクルイーズ方面からバンフ方面に車を走らせるとこの展望台には入れないので注意。

>>グーグルマップ

2.キャッスルジャンクション横ボウ川沿い

Canadian Rockies. Shot with DxO ONE

ボウ川越しにキャッスルマウンテンが望める場所。
ボウ川にかかる橋のすぐ横から川沿に降りる事が出来る。ハイウェイの動物避けの柵があるので絶対に締め忘れように注意。

>>グーグルマップ

3.キャッスルクリフビューポイント

1Aキャッスルジャンクションからレイクルイーズ方面に5分。道路からはキャッスルマウンテンは全く見えないのでこの展望台を発見するには細心の注意が必要。
交通:
>>Hop On Banff 
Roam Bus Lake Louise Scenic(8S)ー3便 <6月21日から9月3日まで>
>>バススケージュール
レンタカー
ツアー

>>グーグルマップ

モランツカーブ

カナダ最大の撮り鉄スポット。かつて大陸横断鉄道の専属写真家モランツ氏が好んで撮影に使用したスポット。バンフ国立公園で3番目に高いマウントテンプル(3,554m)を始めとするロッキー山脈の中心の山々と森をバックに川沿いを走る列車を狙う写真家がシャッターチャンスを狙う。
貨物列車なので列車の通過時間は事前にわからない。1日平均20本ほどの列車が通る。
平均所要時間>>15分
>>グーグルマップ

クロウフット氷河

レイクルイーズからジャスパーに続く93号線をレイクルイーズから北に30分。右側に氷河が見えてくる。氷河は雪と違い厚みの部分が青白く見えるので雪とは異なるのが分かる。
クロウフット氷河を日本語に訳せば、カラスの足となる。かつてはカラスの足を横たえた形をしていたが、一番下にある指は20世紀半ばに地球の温暖化により消滅してしまった。
交通>>ツアー、もしくはレンタカー
平均所要時間>>15分
>>グーグルマップ

ボウレイク

バンフやカルガリーを流れるボウ川の水源.奥行き1.2km、幅3.2km。
標高1,920mの高所に位置するため6月頃から湖畔には希少な高山植物が咲き乱れる。
湖畔には赤い屋根のナムティージャロッジがあり宿泊も可能。
散策道入り口の看板(マップ)を見ると、93号線、道中の山並み氷原、氷河のイメージが湧きやすい湖畔を半時計回りにハイキングコースがあり。ハイキングコースは最終的に氷河の溶け水で出来た滝まで続いている。
(一般客は見落としがち)
交通:ツアー、もしくはレンタカー
平均所要時間>>30分
>>グーグルマップ

ペイトーレイク

ターコイズブルーが美しい高所から見下ろす事の出来る氷河期。レイクルイーズやボウレイクも登山をして高所からみるとこのような色をしているが、ペイトーレイクは苦労なくして湖の青が楽しめる。
季節により色が変わり、最も美しいのが湖面の氷が溶けた直後と言われている。

レンタカーではハイウェイ沿いの駐車場に車を停め徒歩20分で展望台へ。ツアーの場合はツアー専用駐車場から3分で展望台に行く事が出来る。
平均所要時間>>レンタカー1時間・ツアー15分

2019年夏、駐車場整備工事期間は立ち寄れない可能性がある。観光情報は最新情報にてマメにお知らせします。

ウォーターファウル・レイク

ハイウェイ沿いにあるのですぐに見つける事が出来る。湖の奥にあるピラミッドのような形をしているマウント・ケフレンが印象的。山の形がピラミッドに見えるため、エジプトの王様ケフレン王から名付けられた。ペイトーレイクから流れ出る水で出来ているので透明度はないが絵の具を流したような美しい色を楽しむ事が出来る。
交通>>レンタカー、もしくはツアー
>>グーグルマップ

ミスタイヤ渓谷

ミスタイヤとは先住民の言葉で「風の通る場所」。駐車場から15分ほど下り坂を歩くとミスタイヤ川にかかる橋に出る、橋を渡って左に進むと渓谷を覗き込む事が出来る。足元は石灰岩で滑りやすく、渓谷には柵などが一切ないので注意が必要。万が一落ちたら命はない。
交通>>レンタカーもしくはツアー
グーグルマップ>>

ウィーピング・ウォール

日本語に直訳するとすすり泣く壁、落差300m。
その名の通り、石灰岩から染み出した水で岩が泣いているように見える事からこの名前がついた。
先住民の伝説では、昔愛し合った男女が部族が違ったため、二人の結婚は認められなかった。女性の親は、相手の男性がいなくなれば娘は親の許嫁と結婚するだろうと、男性を殺害。それを知った女性は、崖の上から飛び降り自殺を図り、その女性の涙が今も流れているとの事。
冬は完全凍結し、アイスクライマーの絶好のゲレンデとなる。
交通>>レンタカー、もしくはツアー
>>グーグルマップ

冬の様子

マニアックな見どころ

この先紹介する見どころは正式な駐車場がなかったり、道を間違えると危険な崖に出る場所もあります。十分注意してお楽しみ下さい。当サイトは一切責任を取りません。

アニマルオーバーパス

公園内の中央分離帯のあるトランスカナダハイウェイには動物避けの柵が設置されている。しかし柵があると野生動物達は行動を制限される。また、自然界が分断されると生態系に大きな影響がある。
そこで1996年に誕生したのが動物用の横断歩道。この試みは成功し数多くの動物が利用している。
バンフレイクルイーズ間に一箇所だけアニマルオーバ−・パスを観察できる場所がある。
グーグルマップ>>

ハーバート・レイク

レイクルイーズからジャスパー方面に5分ほど車を走らせると右側に出てくる小さな湖。レイクルイーズのようなターコイズブルーは見られないが、午前中高確率で風がなく湖面に山が映る逆さロッキーが楽しめる。
レイクルイーズを囲む山々が美しい。夜明けもしくは日没前に訪れてみよう。
グーグルマップ>>

パンサーフォール

レイクルイーズとジャスパーを結ぶ93号線上で最もマニアックな見どころ。ハイウェイからは全く見えない。
落差は61mだが全身びしょ濡れになるほど近くまでアクセスできものすごい迫力。コロンビア大氷原から10分ほどレイクルイーズ寄りにある「ブライダルベールフォール」展望台の駐車場からハイキングコースを歩いて片道20分。
道を間違えると崖にでて大変危険なので下記のウェブサイトを参考にしてハイキングコースを探そう。所要時間1時間
>>ハイキングコース写真
グーグルマップ>>