スキーシーズンが本格的に始まりました。積雪も順調に増えています。
近年日本ではコースを整備せずパウダースノーを滑らせてくれるスキー場が増えました。
日本の山岳部は世界有数の豪雪地帯。実は日本が世界で一番パウダースノーで有名な場所って知ってました?実は日本ってスゴイんです。
10年ぐらい前から外国人には有名なので、ジャパンとパウダーを組み合わせたインスタグラムの「#japow」のハッシュタグで検索すると世界中の人が日本のパウダースノーを楽しむ姿を見る事が出来ます。

さて、カナダでもスキーヤーやスノーボーダーは「パウダースノー」を求めて大雪の次の日は朝早くからリフトに行列が出来ます。
そしてスキー場オープンと共に誰も足を踏み入れていないパウダースノー争奪戦が繰り広げられます。

そしてパウダースノーが最も残っているのはスキー場の外です。
スキー場の外に出るのは自己責任で全く規制はありません。ただし、スキー場の外は全く管理されていないので雪崩をはじめとした様々な危険が潜んでいます。

スキー場の外を滑走するのは古くは「山岳スキー」現在では「バックカントリースキー」として多くの愛好家に親しまれてます。その第一歩を紹介するのが今回のミニ・アバランチナイトです。
完全無料ですので、バンフに滞在中の方はぜひ訪れてみてください。
開場はカナダのソールフード「プーティン」がバンフで最も美味しいと評判のお店「カリトス・ピッザリア」、イベントの後もローカル日本人と盛り上がれますよ!

開催時間:11月14日(木曜日)
時間:16時ドアーオープン
場所:カリトス・ピッザリア(バンフイン内)
>>グーグルマップ