新型コロナウイルス感染拡大に伴う現地での様子

3月8日19時30分:現時点では,カナダ政府は日本からの渡航者に対するカナダ入国制限措置はなく問題なく入国可能です。

現在カナディアンロッキーの位置するアルバータ州では4名のコロナウィルスの感染者が確認されています。3名はクルーズ船関連、1名はヨーロッパからの帰国者です。

カナダ人の日本からの旅行者に対する対応が気になると思われますが、特に差別的な対応や言動情報は入ってきておりません。

しかしながら、カナダでも市民の不安感が広がり。コスコなどでは少し前の日本と同様トイレットペーパーやミネラルウォーターなど生活必需品の売り切れが発生しています。また、大型のイベントの中止も相次いでおります。

現在日本からの渡航者は問題なくカナダに入国可能です。カナダ政府の日本からの渡航者への対応は現在下記の通りです。

(1)現時点(3月7日10時)では,カナダ政府は日本からの渡航者に対するカナダ入国制限措置は課していません。
(2)カナダ政府は,海外からカナダへ戻った旅行者に対し,カナダに入国してから14日間に熱,咳や呼吸困難の症状が出ないかをモニターし,もし,そのような症状があれば他人との接触を避け,各州の健康保健機関に電話で連絡するようアドバイスしています。
(3)症状のない場合でも,旅行先でコロナウイルス患者と接触した場合は,カナダ入国時に入国管理官に申し出る必要があります。
(4)症状のない場合でも,2週間以内に中国湖北省を訪問した者は自主的に他者との接触を断つように勧告しています。
(5)3月6日午前11時現在,カナダ政府ウエブサイト上では,日本における健康関連の注意レベルは「レベル2(特別の警戒を行うこと)」となっています。「レベル2」は,感染症の流行や,新しい疾患が発生した時などに発行されます。