【最新】コロナウイルスによる日本からカナダへの渡航について

3月11日14時16分(カナダ時間)

一部報道機関があたかもカナダが日本からの渡航を制限するような報道がありましたが、現時点では,カナダ政府は日本からの渡航者に対するカナダ入国制限措置はありません。

現在カナディアンロッキーの位置するアルバータ州では19名のコロナウィルスの感染者が確認されています。アルバータ州保健省は州内での感染拡大のリスクは依然低いとしています。

アルバータ各市内は日本と同様トイレットペーパーやミネラルウォーターなどの生活必需品の買い急ぎが目立っています。
カナディアンロッキーの観光の中心バンフの町ではネットの「売ります・買います」掲示板などで使い捨てのトイレットペーパー20ドルで売ります!などジョークポストを見かけますが、ホテルでの需要品不足などの報告はなく混乱は見られません。

カナダ政府の日本からの渡航者への対応は現在下記の通りです。
(1)3月10日午前10時現在,カナダ政府は日本からの渡航者に対するカナダ入国制限措置は課していません。
(2)カナダ政府ウエブサイト上では,日本における健康関連の注意レベルは「レベル2(特別の警戒を行うこと)」となっています。「レベル2」は,感染症の流行や,新しい疾患が発生した時などに発令されます。
(3)カナダ政府は,海外からカナダへ戻った旅行者に対し,カナダに入国してから14日間に熱,咳や呼吸困難の症状が出ないかをモニターし,もし,そのような症状があれば他人との接触を避け,各州の健康保健機関に電話で連絡するようアドバイスしています。なお、新型コロナウイルス感染の可能性が考えられる場合は、医療機関への受診の前にまず電話でアドバイスを受けることが強く推奨されています。
(4) カナダへの入国時に熱、咳、呼吸困難などの症状がある場合、また症状のない場合でも,旅行先で新型コロナウイルス患者と接触した場合は 入国管理官に申し出る必要があります。
(5)症状のない場合でも,14日間以内に中国湖北省もしくはイランを訪問した者は カナダ到着後24時間以内に各州の保健機関に連絡すること、自主的に他者との接触を断つことを勧告しています。
(6)全てのクルーズ船旅行への参加を控えるよう呼びかけています。