カナダ基本データ

カナダの国土、人口、公用語や首都など、基本情報をまとめています。

国名

カナダ

国歌

O Canada(オーカナダ)

面積

998万5000k㎡

世界第2位、ロシアの次に広い国土を持つ国がカナダです。日本の面積のおよそ27倍あります。

人口

約3759万人(2019年)

日本の人口は1億2601万人(2020年)で、カナダは日本の人口のおよそ3分の1ほどの人口です。

首都

オタワ

オンタリオ州東部に位置し、地名の元になったオタワ川があります。

カナダで有名な大都市といえばトロント、またはバンクーバーやモントリオールを思いつくかもしれません。

たしかに首都を決める事になった1850年代は、イギリス系の都市トロントやキングストン、フランス系のモントリオール、ケベックが争っていました。しかしビクトリア女王によって、その2つの系統の境目あたりにあったオタワが首都として選ばれました。

元首

エリザベス2世女王(Elizabeth Ⅱ)

2019年で93歳を迎えられたエリザベス2世女王がカナダの国歌元首です。エリザベス2世女王はカナダを含めて16カ国の君主と元首でもあります。

ただし女王は1人しかおらずカナダにずっといる事はできないため、女王の代わりとして総督が様々な役割を担います。

政体

立憲君主制

民族構成

カナダは様々な国や地域から移民を受け入れており、民族では200以上もの数があると言われています。カナダでどこの出身ですか?と聞くと、カナダ人!と自信たっぷりに答えられる事が多く、カナダ人である事に誇りを感じるほどです。

人口のおよそ5分の1はカナダ国外で生まれた1世で、”カナダ人”と答える人が最多、続いてイギリス系、フランス系が多いです。

ヨーロッパから人々が入ってくる前からいた先住民族の人々は、北米ファーストネーションズ、メティス、イヌイットなどの民族が人口のおよそ20分1ほどいます。

公用語

英語、フランス語

国が決めている公用語は英語とフランス語ですが、州によっては先住民族の言語を公用語に入れています。なぜ英語とフランス語が公用語になったのかといういきさつには、カナダ建国の歴史と深い関わりがあります。

宗教

国民の3分の2以上がキリスト教徒。

その他にイスラム教徒、ユダヤ教徒、仏教徒もあり、国民のおよそ5分の1は無宗教です。

国祭日

7月1日 Canada Day(建国記念日)

首相

ジャスティン・トルドー

通貨

カナダ・ドル

為替レート

1カナダ・ドル=81円(2019年8月中適用、日本銀行)