バンフで果物育てるのに罰則ない?クマが来ちゃうじゃん!

裁判所は、不動産所有者にクラブアップルの木を伐採することを強制することに消極的かもしれないことを示しているようです。バンフ町には、空腹のクマを引き付けないように住民に野生生物の誘引物質を管理させる権限があります。

しかし、バンフ–国立公園の町で果樹を禁止する条例がないため、住民は自発的にりんごの木を伐採するか、この秋、空腹のクマがバックヤードに来ないよう果物を選ぶように指導されています。

パークスカナダの野生生物当局は、過去1週間にトンネル山地域で黒クマが数回目撃されたと述べていますが、これまでのところ、クマが果樹に侵入する事件はありません。

「りんごの木」はクマにとって間違いなく魅力的です。ここ数年、町にクマがいなかったのは比較的幸運でしたが、それでも時々迷ったクマが入り込んでしまいます」とバンフ国立公園のスペシャリスト、ブレア・ファイテンは語りました。

「もし彼らがりんごの木のような誘引剤に出くわした場合、それは彼らにとってかなりのごちそうであり、彼らがそれを味わったら、彼らは町に戻ってその食料源を食べようとし続けます。町のクマの安全上、問題があります。」

人とクマとの遭遇の数と深刻さを軽減するために2018年に28の勧告を発表したボウバレーの人間と野生生物の共存タスクフォースは、果物がなる木を重要な野生生物の誘引物質として特定しました。

町に食べ物があることを知ったクマは何度も戻ってきて、クマと住民の両方に危害を加えます。クマは大胆かつ攻撃的になる可能性があり、それが公共の安全を守るためにクマの強制移動と死につながっています。

2017年にブリティッシュコロンビア州でクマがハンターに撃たれて殺される前は、有名なメスのハイイログマNo.148が町の周辺の庭にあるクラブアップルの木を食べることは珍しくありませんでした。

タスクフォースの勧告が発表された後、2019-21年の戦略計画では、野生生物の誘引物質を減らし、潜在的に排除することがバンフ市議会の優先事項になりました。

2018年後半、議会は、自治体に私有地の既存の実をつける樹木や低木を取り除くことを許可する条例を作成できるかどうかについて法的な意見を得るように行政に指示しました。

町の市の執行マネージャーであるトニー・クラークは、町の弁護士は、市が動物の誘引物質を作らないように、クマの食料となるような植物を管理するように不動産所有者や占有者に合法的に要求できることを明らかにしたと述べた。  

バンフの町には、野生生物の誘引物質を生産する樹木や低木の植林を禁止する法的権限もあると彼は述べた。  

「しかし、裁判所は、特により少ない措置の利用可能性を考慮して、既存のりんごのようなあ実ががなる樹木(改正条例の採択前に植えられた樹木)の除去を要求する市条例の施行に消極的であることに留意した。クラークは9月のガバナンスおよび財務委員会への報告で述べた。

地方自治体法は、誰かが地方自治体の条例に違反している場合、条例担当官が救済命令を発行することを許可しています。これにより、違反を解決するために必要な措置を講じることができます。 

クラーク氏は、動物誘引物質の管理に関する条例の遵守を拒否した個人に対して、救済命令を出すことができると述べた。

「命令は、その人が指定された時間内に違反を是正するために必要な行動をとらなかった場合、町は犯罪が続くのを防ぐために必要な行動をとることに進むことができると特定するでしょう」と彼は言いました。

バンフのコミュニティ基準細則は、野生生物の誘引物質の管理と管理について述べています。表の修正には、動物誘引物質を町の境界内のどこでも効果的に管理することを要求することが含まれています。

一方、既存のバンフの設計ガイドラインには、推奨される植物材料のリストが含まれていますが、動物誘引物質に関する特定の禁止事項はありません。 

クラーク氏は、動物誘引物質として機能する禁止されている樹木や低木のリストが、これらの設計ガイドラインのレビューと更新の一環として作業草案に組み込まれていると述べました。

「私たちが持っていないのは、禁止されている種のリストです。それは開発中ですが、2021年の第1四半期まで準備ができていない可能性があります」と彼は言いました。

「私たちは最終的に禁止された木や低木でそこに着きます。」

ファイテン氏によると、町での以前の果樹除去プログラムはある程度成功していることが証明されていますが、懸念される樹木はまだたくさんあります。

「野生生物の回廊にかなり近い場所がいくつかあり、過去にクマがいたことがあります。さまざまな理由で、人々はそれらの木を取り除きたくないのです」と、パークスカナダがそうするように勧めているにもかかわらず、彼は言いました。

「これらの木のいくつかは町の少し奥にあります。それらの場所にクマがいると、そのクマをクマと人々のための安全な場所に戻そうとするのは少し問題があります。」

パークスカナダは、果樹を伐採してリンゴを摘む気がない住民にアドバイスしています。

「私たちは人々に、落ちたら地面からそれらを拾うだけでなく、実際に木の中のすべてのクラブアップルを拾うように求めています」とFytenは言いました。

「クマはこれらの房を見つけて、これらのリンゴを探します。」

一方、バンフの町は、果樹に関する懸念を含め、人間と野生生物の共存レポートで特定された地域を対象に、2019年に3年間のマーケティングキャンペーンを展開しました。

キャンペーンの総費用は、2019年に67,000ドル、2020年に35,000ドル、2021年に45,000ドルでした。

しかし、2020年の戦略は、COVID-19のパンデミックが発生し、既存のすべての公教育キャンペーンが中止されたときに展開されていました。2020年のキャンペーンのために予算化された未使用のお金は、地方自治体の固定資産税の課税を減らすために排除されました。

評議会は、2021年のサービスレビューで、コミュニケーション計画のどの側面が前進するかを決定することが期待されています。

評議会の2019-21戦略計画は、野生生物、動物、生態系を含むバンフの自然システムの多様性と健康への影響を維持および最小化するために、地方自治体の行動、政策、公教育を実施することを求めています。

目標は、町の敷地内で人間と野生生物の衝突事故をゼロにし、町に現れたクマやオオカミのような大きな肉食動物の移動や破壊を防ぐことです。

「タウンサイト内の野生生物の誘引物質を減らし、潜在的に排除することは、これらの目標を達成するための鍵です」とクラークは言いました。

https://www.rmotoday.com/から引用