新型コロナウイルスの発生とカナダの動き。10月13日

最新情報:10月13日(カルガリー領事館からの公式発表)

◆新着情報は、文頭に*NEW* と表示し,黄色マーカーでハイライトしています。

●*NEW*カナダ政府の疫学モデルのアップデートが発表されました。
●*NEW*各州、準州政府はハロウィン等のイベントのガイダンスを発表しています。
●*NEW*アルバータ州エドモントン市とその周辺にて、規制が強化されました。
●*NEW*ヌナブト準州にて、規制が緩和されました。
●現在、外国からカナダに帰国した者はすべて14日間の自己隔離が義務となっています。違反者には罰則が適応されます。すべての入国者に対し、入国時に隔離計画の聴取が行われています。

カナダ政府、各州政府が感染予防のための指針を公表していますので、関連ウエブサイトから最新情報を収集し、感染予防や渡航情報の確認に努めてください。

1.      カナダ政府

*NEW*10月9日、疫学モデルのアップデートが発表されました。
◯感染者数は増加し続けており、特にケベック州、オンタリオ州、アルバータ州での増加が早い。
◯実効再生産数(感染症の流行が進行中の集団における、公衆衛生上の規制が行われている状態において、一人の感染者が他人にうつす人数)は8月中旬より1を超えており、増え続けている。
◯若齢層(20~39歳)における感染が一番多い。
◯入院者数は増加しており、死亡者数もやや増加の傾向。
◯10月17日の感染者数予測は、188150人~197830人、死者数予測は、9690人~9800人。
◯いま現在強力な行動制限が必要。接触機会が減少すればほとんどの地域で感染は制御下になるが、接触機会が現状維持なら感染再流行、接触機会が増加すればより早く大きな感染再流行。
◯行動規制を導入する場合は、早ければ早いほど、その感染拡大防止効果は大きくなる。
◯一人一人の、他人との接触を制限する行動が重要。地域の流行状況を注視し、周囲の人々を守る為の行動をする。
◯ロングウィークエンドに向け、感染拡大防止のための行動が必要;家族以外との接触を制限する、家の近くにとどまる、オンラインや屋外での活動を行う。
◯自分自身や周囲の人々の危険因子、環境や活動の種類からリスクを検討する。体調の悪いときには外出せず検査を受ける、手洗いや他人との距離を保つなどの公衆衛生上の注意を守る、感染のリスク軽減の措置がなされていない環境にいる時間は最小限にする。

モデルスライドは以下リンクからダウンロード可能
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19/epidemiological-economic-research-data/mathematical-modelling.html

*NEW*カナダ国籍者、カナダ永住権保持者以外のものには、入国制限が課されていますが、規制は一部緩和されています。
現在、以下の人々は、入国が許可されています。
◯カナダ国民と永住権保持者の近親者
◯カナダ国民と永住権保持者のExtended family member
◯Public health agency of Canadaより許可された、同情に値する理由 (compassionate reasons)のあるすべての外国人。この場合、自己隔離が限定的に免除されることがあります。

それぞれのカテゴリーの定義や詳細は以下リンク参照。
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice.html?topic=tilelink#f

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/travel-restrictions-exemptions.html

◯州政府から認められた新型コロナウイルス対策を有する教育機関に通学する留学生も、10月20日より入国が許可されます。

https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2020/10/government-introduces-new-border-measures-to-protect-canadian-public-health-provides-update-on-travel-restrictions.html

A. カナダ入国について
●カナダへの入国者は、症状の有無にかかわらず14日間の自己隔離が義務(例外職種あり)。違反者には罰則適用。
●入国時に隔離計画の聴取が行われる。隔離場所は、65歳以上の高齢者や、基礎疾患のある人とは接触しないこと、かつ食料や必要な医薬品など、基本的な生活必需品が入手できる環境である必要がある。
●隔離計画が 不適切と判断された場合は、ホテル等、首席公衆衛生官の指定する施設で隔離することが求められる。
● 症状がある場合、公共交通機関の使用は禁止。
●隔離場所までの移動の際は、非医療用マスクもしくはface covering を着用しなくてはいけない。
●カナダ到着時に与えられた指示に従わないものは、最大6か月の懲役及び、もしくは$750、000の罰金が課されることがある。

カナダ入国者は、以下が必要です。
◯ArriveCANアプリケーション、ネット上のフォームもしくは紙媒体での、連絡先の提出。
◯入国管理官によるスクリーニングを受ける。
◯入国時、また自己隔離期間中に、必要な質問に答えること。
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice.html?topic=tilelink#f

◯アメリカ合衆国との往来制限は10月21日まで延長されています。
https://www.canada.ca/en/public-safety-canada/news/2020/09/canada-us-extend-temporary-non-essential-travel-restriction.html

◯ワーキングホリデーについては、 Port of Entry Letter of Introduction取得済み、 かつ、有効な雇用のオファーを持っている場合のみ、カナダ入国が認められる。
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/iec.html

ワーキングホリデー参加者の入国のための許可証(Port of Entry Letter of Introduction)の有効期限の延長を最大1年間認めることが発表されています。以下リンク中のWeb formより延長が申請できます。
https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/coronavirus-covid19/iec.html

B. 感染拡大予防のための規制
●以下の場合は、各州の公衆衛生機関の指示に従い、隔離(isolate)もしくは自己隔離(self-isolate)が必要:
海外から帰国した場合、新型コロナウイルス感染と診断された場合、検査結果を待っている場合、新型コロナウイルスの症状がある場合、新型コロナウイルス確定もしくは疑い患者と接触があった場合、 その他公衆衛生機関から勧告された場合。

●航空機搭乗の際はマスクの着用が義務です。
医療上の理由でマスクが着用できない場合、それを証明する医師の診断書が必要になります。その他、幼児や、意識がないもの、自力でマスクが外せないものもマスク着用義務の例外になります。
https://tc.canada.ca/en/ministerial-orders-interim-orders-directives-directions-response-letters/interim-order-respecting-certain-requirements-civil-aviation-due-covid-19-no-5

●航空機利用の際に体温検査が必須になります。
発熱している乗客(発熱の理由を証明する医療証明書を持つものを除く)は搭乗を拒否され、14日後以降に再予約するよう指示される。
https://www.canada.ca/en/transport-canada/news/2020/06/temperature-screening-to-be-required-for-travellers-at-canadian-airports.html

C. その他の感染拡大予防措置
●可能な限り家にとどまり、また他人との距離を保つ。
具体的には:
◯仕事で出かけなければいけない以外は自宅にいる。可能ならば、自宅から仕事ができるように雇用者と相談する。
◯不要不急の外出を控える。
◯集団で集まらない。
◯高齢者やリスクの高い人との接触を制限する。
◯運動をするときは自宅の近くで。
◯外出する際は、他人と2メートル以上の距離を保つ。同居している人とは、症状があったり14日以内に旅行した場合でなければ 離れて過ごす必要はない。
◯他人との距離をとることが難しい状況では、非医療用マスクの着用を推奨 。

カナダ政府によるコロナウイルス情報
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19.html

●新型コロナウイルスの症例及び接触管理等のための携帯電話アプリ「COVIDアラート」が配信されています。
◯現在、以下の地域で利用可能です:New Brunswick、Newfoundland and Labrador、Ontario、Saskatchewan, Manitoba, Quebec。
◯本アプリは、AppleとGoogle Playのアプリストアから無料でダウンロードすることができます。
◯このアプリの使用は任意です。プライバシー第一で設計されたものであり、個人情報や位置情報は収集されません。
◯アプリ利用者が新型コロナウイルス陽性と診断された場合、医療従事者の補助のもと、情報が匿名で全国データベースへアップロードされ、陽性者と接触のあったアプリ利用者にはアラートが送られます。
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/coronavirus-disease-covid-19/covid-alert.html

●いくつかのサービスカナダ施設での対面でのサービスが再開されていますが、可能な限りオンラインで手続きをすることが勧められています。もし対面でのサービスが必要な場合は、事前にオンライン(eServiceCanada)
 を通じて予約。なお、Social Insurance Numberの申し込みもオンライン(SIN online portal)で可能。
https://www.canada.ca/en/employment-social-development/news/2020/07/service-canada-begins-the-gradual-and-safe-reopening-of-in-person-locations-across-the-country.html

●自分の状況に適した経済的な補助を探すためのオンラインのツールFind financial help during COVID-19が設置されています。
https://covid-benefits.alpha.canada.ca/en/start

●カナダ政府全ての渡航者向け注意喚起:
https://travel.gc.ca/travelling/health-safety/travel-health-notices/221

●新型コロナウイルスに関する情報を入手するためのアプリ
https://ca.thrive.health/

●新型コロナウイルス感染の危険のあるフライト座席情報
https://www.canada.ca/en/public-health/services/diseases/2019-novel-coronavirus-infection/latest-travel-health-advice/exposure-flights-cruise-ships-mass-gatherings.html

2.      アルバータ州政府

*NEW*10月8日より、エドモントンとその周辺地域にて、規制が強化されています。
◯集会は15人まで
◯他人と接しない状況を除いては、職場でマスクを着用する。
◯接する集団を3つ以内にする;例えば家庭、職場、スポーツチーム。チャイルドケアに行っている小さい子供は、4つのコホートに接しても良い。
https://www.alberta.ca/covid19-edmonton-zone-public-health-measures.aspx#communities

●10月19日からインフルエンザの予防接種が可能であり、可能な限り接種するよう推奨しています。
https://www.alberta.ca/release.cfm?xID=73380FF27295E-C794-3854-51CB83DEE934034A

●以下のものは優先して検査を受けることができます。
◯新型コロナウイルスに関係する症状があるもの(症状については下リンク”Symptoms”の項目参照)
◯新型コロナウイルス患者の濃厚接触者
◯流行の起こった施設の従業員や入居者

無症状であっても,以下のものは検査を受けることが可能です。
◯学校教師やスタッフ
◯医療従事者
◯高齢者施設等の集団居住施設の従業員と入居者
◯ホームレス
◎出発前に検査が必要とされる旅行者
https://www.alberta.ca/covid-19-testing-in-alberta.aspx#toc-2

検査の申し込み方法には以下のものがあります。
◯オンラインのself-assessment toolから
◯電話811
◯カルガリーとエドモントンの下記の薬局(無症状かつ感染者との接触がなかった人のみ可能。事前に電話で予約)
https://www.ab.bluecross.ca/news/asymptomatic-testing.php
症状が重篤な場合や、緊急の診療が必要な場合は911に連絡。その際には新型コロナウイルス感染の可能性があると伝える。

●検査結果は、テキストメッセージもしくは電話の自動音声にて受け取ることができます。これらの方法で受信するか、従来通り、アルバータヘルスサービス関係者より電話を受けるか、どちらかの方法を選択することができます。
https://www.albertahealthservices.ca/news/releases/2020/Page15632.aspx

また、新型コロナウイルス検査の結果を知るためのオンラインポータルサイト(My Health Record)への登録にかかる時間が短縮されています。登録にはこれまで郵便での認証が必要でしたが、現在は不要となっています。
https://www.alberta.ca/release.cfm?xID=732462CDF5574-B6FF-8AFE-33C2A4A1D2A10D3E

●グレード4から12までの生徒及び学校職員はマスク着用が義務です。幼稚園からグレード3までの生徒は任意となります。
さらに、カルガリー市の学校では、幼稚園からグレード12までの全ての生徒と職員のマスク着用が義務付けられています。(詳細は2-1カルガリー市の項目参照)。
https://www.alberta.ca/release.cfm?xID=7295843B33620-E876-92BA-FCBA67A776AAE2FB

●経済活動再開はステージ2まで実施されています。
再開可能なビジネス及び制限されているビジネスについては以下リンク参照
https://www.alberta.ca/restricted-and-non-restricted-services.aspx
ビジネス再開のためのガイドライン
https://www.alberta.ca/biz-connect.aspx
https://www.alberta.ca/guidance-for-workplaces.aspx
https://www.alberta.ca/alberta-relaunch-strategy.aspx#guidance

●現在の規制は以下の通りです:
◯人と人との間隔は2メートル以上
◯屋外で開催されるフェスティバル、花火、ロデオ、スポーツイベント、屋外パフォーマンスなどの聴衆型イベントの最大参加人数は200人まで。それ以外の屋外イベント、屋内の着席型イベントは100人まで。屋内の集会は50人まで。
https://www.alberta.ca/restrictions-on-gatherings.aspx
◯不要不急の州外への旅行は推奨しない。
◯咳、熱、息切れ、鼻水、喉の痛みのある人は、最低10日間の自己隔離。10日間で症状がおさまらない場合は治るまで自己隔離を継続
◯新型コロナウイルス陽性と判定されたものは、症状発生時から最低10日間の自己隔離。10日間で症状が治らない場合は治るまで自己隔離を継続
◯海外から帰国した旅行者、新型コロナウイルス患者と濃厚接触した可能性のあるものは最低14日間の自己隔離

●医療機関や高齢者施設訪問のガイドライン
https://www.albertahealthservices.ca/topics/Page17001.aspx

●高齢者施設での規制が9月17日より変更されています。
https://open.alberta.ca/dataset/7680fe82-f705-43e2-9fbe-979f6b0847b0/resource/4b2168f6-7324-40db-8387-29f27fc930ff/download/health-cmoh-record-of-decision-cmoh-32-2020.pdf

●感染した場合の各個人のリスクを診断するオンライン・リスク・アセスメント・ツール
https://www.alberta.ca/lookup/COVID-19-personal-risk-severity-assessment.aspx

●接触者追跡のための携帯電話アプリABTraceTogetherが使用可能です。
◯同じアプリをインストールした電話が15分以上、2メートル以内の距離に存在した場合に、情報が電話に記録される。
◯アプリを所持している人が新型コロナウイルス検査陽性となった場合、 所有者の許可を得て、アプリに記録されている過去の接触者に対し、アルバータヘルスサービスから連絡を行う。
◯情報は、所有者の許可がない限りアルバータヘルスサービスとはシェアされない 。位置情報は保存されない。
◯このアプリの使用は自主的なものであり、強制ではない。
https://www.alberta.ca/ab-trace-together.aspx

●海外からの到着者に対してのスクリーニングが強化されています。
◯カルガリー空港、エドモントン空港に州のチェックポイントを設置。海外からの到着者は、自己隔離計画(具体的な滞在場所、滞在場所への移動方法、食料や医薬品を入手する方法、リスクの高い人と接触する可能性がないか等)を提出。適切な 移動方法がすぐに用意できない到着者に対しては、一時的な滞在場所が用意される。発熱の有無についてのチェックも行われる。
◯到着3日以内に州職員が連絡を行い、自己隔離が正しくなされているか確認。
◯アメリカとの間の陸路の主な通行箇所であるCouttsでも同様の措置。なお、物資の輸送など必須の通行に関して影響はない。
○到着者には、接触者追跡のためのスマートフォンアプリABTraceTogetherのダウンロードを推奨。
https://www.alberta.ca/release.cfm?xID=71397FFF740D6-0176-5B5F-9E0149A38F3E4D52

●自己隔離の具体的な生活上の指針については以下のとおりです。
◯高齢者や基礎疾患のある人、免疫力の低下している人と接してはいけない。
◯同居家族との接触をできるだけ避ける。
◯家から外出不可。散歩も不可
◯アパートに住んでいる場合、部屋の中にとどまる。ビルのエレベーターや階段の使用不可
◯食料等必要品は、家族や友人に届けてもらうか、デリバリーサービスを利用。
◯食器やタオル等を家族で共用しない。食器やタオル使用後は、水と石鹸で完全に洗い、食器洗い機や洗濯機に入れる。
◯ドアノブやカウンターなどの頻繁に触れる場所は定期的に清掃、消毒

● ガイドラインに従わない者に対して、警察やPeace Officerは最高$1、000までの違反チケットを交付
https://www.alberta.ca/release.cfm?xID=69918C41565BC-002C-269C-638E958E5912C37B

●新型コロナウイルスに関するアルバータ州での相談先は、ヘルスリンク(811※日本語対応あり)

●コミュニティにおける情報サービス(211)、Mental Health Helpline( 1-877-303-2642)やAddiction Helpline( 1-866-332-2322)等様々な電話によるサポートがあります。下記リンクやアルバータ州政府サイト”Get help”セクション参照。
https://www.albertahealthservices.ca/amh/Page16759.aspx

アルバータ州政府
https://www.alberta.ca/coronavirus-info-for-albertans.aspx#p22780s6

10月8日付けアップデート
https://www.alberta.ca/release.cfm?xID=7343566FF5693-B65D-51B6-44B155A2B24299DF

2-1.カルガリー市

●カルガリー市のCBE学校とカトリックスクールでは、幼稚園からグレード12までの全ての生徒と職員のマスク着用が義務付けられています。
学校内と、バス、カルガリートランジットでの着用が必要です。
https://www.cbe.ab.ca/news-centre/Pages/re-entry-update-for-families-august-14-2020.aspx

https://www.cssd.ab.ca/News/COVID-19/Documents/SchoolResumptionHandbook_Scenario1.pdf

●カルガリー市では,屋内の公共の場所と公共交通機関内でのマスク着用を義務とする時限条例が施行されています。
◯事業者等は公共の用に供する建物入口または車両にマスク着用の標識を掲示する必要があります。
◯マスク着用者の例外:2歳未満の子供,身体疾患及び障害により着用が困難な者,補助者がないと安全に着用できない者,飲食中・運動中の者等。
◯条例に違反した場合には,50ドルから200ドルの罰金が科せられます。
https://www.calgary.ca/csps/cema/covid19/safety/covid-19-city-of-calgary-mask-bylaw.html
○カルガリー市では,当面の間以下の場所において無料でマスクを配布しています。
https://www.calgary.ca/csps/cema/covid19/safety/covid-19—free-face-covering-and-mask-locations.html

3.      マニトバ州政府

*NEW*集会やハロウィン等のイベントについてのガイダンスが発表されています。
https://www.gov.mb.ca/covid19/updates/holidays.html

●接触管理等のための携帯電話アプリ「COVIDアラート」が使用開始されています。
https://news.gov.mb.ca/news/?archive=&item=49330

●ウィニペグ都市圏での市中感染が増加していることより、同地域のPandemic Response Systemがオレンジ(制限あり)に上がっています。
ウィニペグ市とその他のいくつかの地域(下リンク参照)にて、以下の規制が追加されています。
◯すべての屋内の公共スペースでのマスクの着用の義務化
◯屋内、屋外とも、集会は10人まで
https://manitoba.ca/covid19/restartmb/prs/winnipeg/index.html

●ウィニペグ都市圏では、飲食店において、10月7日よりさらに以下の規制が追加されています。
◯夜10時から朝9時までの酒類の提供禁止。
◯夜11時までには客はすべて店外に出る。
◯夜11時から朝6時までの間は、店内で食べる食物の提供は禁止。デリバリーやテイクアウトは可能。
◯飲食店は、客の各グループのうち少なくとも1名の連絡先を入手し、21日間保存、その後は破棄する。
◯酒屋は対象外。
https://news.gov.mb.ca/news/index.html?item=49358&posted=2020-10-05

http://www.manitoba.ca/covid19/restartmb/prs/winnipeg/index.html#licensedpremises

●グレード4から12までの生徒は、お互いの距離がとれない場合において、マスクの着用が義務です。
https://news.gov.mb.ca/news/index.html?item=49090&posted=2020-08-19

●再開可能なビジネスと規制については以下リンクに詳細
https://www.gov.mb.ca/covid19/restoring/index.html

●マニトバ州南部での患者数増加に伴い、州北部と遠隔地への行き来が制限されています。
https://news.gov.mb.ca/news/index.html?item=49157&posted=2020-08-31

●現在の規制
○集会の規模は、屋内では50人以下、屋外では100人以下(ウィニペグ市と、いくつかの地域を除く)。
○ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州、サスカチュワン州、ユーコン準州、北西準州、ヌナブト準州、北西オンタリオ州(Terrace Bayの西側)からマニトバ州に入るものは、症状がなく、感染者との接触がなかった場合には自己隔離は不要。それ以外の場所から来たものは引き続き14日間の自己隔離が義務。
https://www.gov.mb.ca/covid19/soe.html#current

●公衆衛生上の規制に違反した場合、個人に対しては$486、ビジネスに対しては$2、542の罰金が課される。

●新型コロナウイルス検査についての情報は以下リンク参照
https://www.gov.mb.ca/covid19/locations.html
◯咳、鼻水、喉の痛み、発熱の症状のあるものは全て、軽度でも検査対象
◯検査を受ける際に、Health Links-Info Santeやfamily doctorの紹介は不要
◯検査センターに行く前に、self assessment testを使用することを推奨
◯検査結果は、オンラインもしくは電話1-844-960-1984 でアクセス可能
検査結果が陽性だった場合は、これまで同様、公衆衛生官から直接連絡
◯咳、鼻水、喉の痛み、発熱の症状のあるものは、症状が発生してから最低14日間の自己隔離が義務。14日間で症状が治らない場合は治るまで自己隔離
◯症状が悪化したり、疑問点がある場合はHealth Links-Info Sante (204-788-8200、もしくは1-888-315-9257) へ連絡

●州内の感染状況を伝えるオンラインのツール#RestartMB Pandemic Response System
https://manitoba.ca/covid19/restartmb/prs/index.html

●新型コロナウイルスに関するマニトバ州での相談先は、Health Links-Info Sante (204-788-8200、もしくは1-888-315-9257) です。

●感染者が搭乗していたフライト一覧
https://manitoba.ca/covid19/updates/flights.html

マニトバ州政府
https://www.gov.mb.ca/covid19/index.html

10月12日付けアップデート
https://news.gov.mb.ca/news/index.html?item=49387&posted=2020-10-12

4.      サスカチュワン州政府

*NEW*集会や、ハロウィン等のイベントのガイダンスが発表されています。
https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus/re-open-saskatchewan-plan/guidelines/fall-activity-guidelines

●COVIDアラートアプリケーションの使用が可能になりました。
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/september/18/covid-app

●学校再開についての情報
レベル2ガイダンス
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/august/11/level-2-guidance

Safe School Plan:
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/august/04/safe-school-plan

保護者のための情報パッケージ
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/august/27/safe-schools-plan-parent-packages

●新型コロナウイルス感染状況の統計マップ
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/august/04/covid-19-update-august-4
https://dashboard.saskatchewan.ca/health-wellness

●これまでに各フェーズで許可されたビジネスと規制については下記リンク参照
Re-Open Saskatchewan Plan
https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus/re-open-saskatchewan-plan

●現在の規制は以下の通りです。
◯集会は屋内外とも30人まで
◯海外旅行をしたものは、14日間の自己隔離が必須
◯Medical Health Officerから、新型コロナウイルス患者の密接接触者であると指摘されたものは、患者と最後に接触した時から14日間自己隔離
◯自己隔離中に症状が出たものは、ヘルスライン(811)に連絡
○レストラン、ジム、個人サービス業等のスタッフは、他人と2メートルの距離を保つことのできない状況ではマスク着用が義務です。
https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus/re-open-saskatchewan-plan/restrictions

https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/june/23/reopen-saskatchewan-phase-4-point-2

●医療機関訪問のガイドライン
https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus/public-health-measures/guidance-for-health-care-facilities

●公衆衛生上の規則に違反した場合、個人に対しては最大$75、000、企業に対しては$100、000の罰金刑を課される。
https://pubsaskdev.blob.core.windows.net/pubsask-prod/1210/P37-1.pdf

●症状の有無に関わらず、希望者は誰でも検査を受けることができます。 電話811、family physician、nurse practitionerを通じて申し込むことができます。
また、ドライブスルーの検査場では、811や家庭医からの紹介は不要ですが、Saskatchewan Health Cardが必要です。
https://www.saskatchewan.ca/government/health-care-administration-and-provider-resources/treatment-procedures-and-guidelines/emerging-public-health-issues/2019-novel-coronavirus/testing-information

●新型コロナウイルスに関して、医療に関する相談はヘルスライン(811)、医療に関係しない一般的な質問はトール・フリー・ライン(1-855-559-5502)、COVID-19 public inquiry emailは COVID19@health.gov.sk.ca です。
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/april/02/covid-19-information-tools

サスカチュワン州
https://www.saskatchewan.ca/COVID19#utm_campaign=q2_2015&utm_medium=short&utm_source=%2FCOVID19
SaskAlertアプリケーション
http://emergencyalert.saskatchewan.ca/

10月12日付けアップデート
https://www.saskatchewan.ca/government/news-and-media/2020/october/12/covid19-update-48-new-cases-8-in-hospital-12-recoveries

5.      北西準州政府

*NEW*インフルエンザ予防接種の詳細が発表されました。
https://www.nthssa.ca/en/newsroom/nwt-flu-clinics-announced

それぞれのインフルエンザクリニックの開始日等
https://www.nthssa.ca/en/services/2020-seasonal-flu-clinics

*NEW*ハロウィンについてのガイダンスが発表されました。
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/halloween-guidelines-released-nwt

*NEW*10月13日より、空港ビル内でのマスク着用が義務となります。
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/masks-required-nwt-airport-terminal-buildings

●全てのHealth and Social Service (HSS)施設でのマスク着用が義務となっています。
https://www.nthssa.ca/en/newsroom/nwt-health-and-social-services-authorities-implementing-continuous-masking-all-offices-and

●経済活動再開はフェーズ2まで開始されています。
再開可能なビジネスと規制については以下リンク参照。
https://www.gov.nt.ca/covid-19/en/services/relaxing-phase-2-next-steps-current-phase

●現在の規制は以下の通りです。
◯自宅に最大5人までの客を招待可能(家の中にいられるのは住人を含め最大10人まで)
◯集会は、屋外では50人まで、屋内では25人まで
◯北西準州外から入るものは自己隔離計画書の事前提出と、到着後の14日間の自己隔離が必要(ヌナブト準州から入るものを除く)。
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/phase-two-emerging-wisely-launches-travel-restrictions-amended

https://www.gov.nt.ca/sites/flagship/files/documents/pho_covid-19_amended_travel_restrictions_and_self-isolation_protocol_jun.pdf

●違反者は、最高10、000ドルの罰金及び6カ月の収監。
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/news-release-chief-public-health-officer-prepares-order-prohibition-travel-nwt-limited

●学校再開についての情報
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/updated-education-bulletin-published-reopening-schools

●医療機関訪問のガイドライン
https://www.gov.nt.ca/covid-19/en/services/gnwt-services/visitation

●以下の症状がある人は新型コロナウイルス検査の対象となります:
◯ 発熱、咳、息切れ、なんとなく具合が悪い、筋肉痛、倦怠感、喉の痛み、鼻水、頭痛、下痢、嘔吐、嗅覚障害
◯体調の悪い人は811に電話するか、セルフアセスメントツールを使用して指示に従うことが推奨されている。また、呼吸困難など症状がひどい場合は911へ電話
◯イエローナイフでは、ドライブインの検査も可能です。
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/gnwt-expands-covid-19-testing

https://www.nthssa.ca/en/newsroom/yellowknife-covid-19-screening-drive-through-opens-september-8

●北西準州における新型コロナウイルスのビジュアルデータ
Deta Dashboard
https://nwt-covid.shinyapps.io/Testing-and-Cases/?lang=1

COVIDサポートライン(811)では、検査、自己隔離、旅行の規制、罰則や医療施設に関する情報等が得られます (8AM-8PM、 7 days a week)
https://www.gov.nt.ca/en/newsroom/service-nwt-covid-support-line-launches
その他の新型コロナウイルス関連の地域別連絡先
https://www.hss.gov.nt.ca/en/hospitals-and-health-centres

北西準州政府ウエブサイト
https://www.hss.gov.nt.ca/en/services/coronavirus-disease-covid-19

10月7日付けウイークリー・アップデート
https://www.gov.nt.ca/covid-19/en/services/nwt-covid-19-update

6.      ヌナブト準州政府

*NEW*`10月5日より、以下の規制緩和が施行されています。
◯屋外の集会は100人まで。
◯屋内の集会は、個人の住宅では、その家の住人に加えて15人まで可能。
◯人数制限等の規制のもと、レストランをはじめとするビジネスの再開。
◯図書館、博物館、ジム(グループでのクラスを含む)、劇場等の再開。
◯歯科医、理学療法、マッサージ、カイロプラクティック等の再開。
◯屋内の大規模集会は、100人もしくは収容人数の75%のどちらか少ない方まで。
◯高齢者施設、長期療養施設にて、2名の家族が同時に訪問可能。マスク着用が義務。
◯ヌナブト準州に入った際の自己隔離を免除されているものは、14日間公共の場所でのマスクの着用が義務(例外規定あり)。
◯デイケアは通常営業が可能。
◯違反者には、個人に対しては$575、企業に対しては$2875の罰金が科されることがある。
https://www.gov.nu.ca/executive-and-intergovernmental-affairs/news/covid-19-gn-update-october-5-2020

https://www.gov.nu.ca/health/information/nunavuts-path

*NEW*ハロウィンのためのガイドラインが発表されています。
https://gov.nu.ca/sites/default/files/guidelines_for_a_safe_halloween_-_eng_.pdf

●Hope Bay Mineにてアウトブレイクが発生しています。同地域への不要不急の出入りは禁止されています。同地域で働いているヌナブト準州住民はいないこと、またいずれのコミュニティーとも接触はないことから、ヌナブト準州住民の感染リスクは依然低いと発表されています。
https://www.gov.nu.ca/health/news/covid-19-department-health-services-update

●学校の再開計画
https://gov.nu.ca/education/information/2020-21-opening-plan-nunavut-schools

●住民、議会関係者等一部の例外を除いて、同準州へ入る事が禁止。ヌナブト準州へ入るものは、まずオタワ、ウィニペグ、エドモントン、イエローナイフのいずれかで14日間の隔離を行うことが必要。ただし、北西準州、マニトバ州Churchillから入るものは自己隔離不要(事前の許可申請等については以下リンク6月15日の項目、7月13日、8月17日の項目)。
https://www.gov.nu.ca/health/news/covid-19-department-health-services-update

https://www.gov.nu.ca/executive-and-intergovernmental-affairs/news/covid-19-gn-update-august-4-2020

●ヌナブト準州外へ出かける住民は、email(宛先は下記)にてIsolation Reservation Request Formを提出する必要があります。
NUisolationreservations@nunavutcare.ca

●必須の事業に従事しているものは、首席公衆衛生官に許可された場合のみ、準州外から帰ってきた際の自己隔離の対象にならないことが公表されています 。
https://www.gov.nu.ca/health/news/covid-19-department-health-services-update

●違反者は、最高$50、000の罰金もしくは6か月の収監。

●ヘルスケアセンターを受診する際は、緊急でない場合はまず事前に電話で症状を伝え予約をすること、また咳、くしゃみ、鼻水等の症状がある場合は受診の際にマスク着用を奨励。
https://www.gov.nu.ca/health/news/covid-19-department-health-services-update

●COVIDホットライン(975-8601 or 1-888-975-8601  from 10 a.m. to 6 p.m.)。

●ヌナブト準州の規制等については下記ウエブサイトを参照ください。
ヌナブト準州政府ウエブサイト
https://www.gov.nu.ca/health
ヌナブト準州新型コロナウイルス情報
https://www.gov.nu.ca/health/information/covid-19-novel-coronavirus
セルフアセスメントツール
https://nu.thrive.health/covid19/en

10月8日付けアップデート
https://www.gov.nu.ca/health/news/covid-19-department-health-services-update

7.日本へ入国される方へ

カナダは、日本政府により感染危険情報レベル3に指定されています。カナダから日本に入国する全ての方について、健康状態に異状のない方も含め、以下の措置がなされます。
◯すべての帰国者は、空港等からの移動も含め電車、バス、タクシー、国内線航空便等の公共交通機関を使用しないことが要請されています。
◯空港にて検査が行われますが、検査結果が陰性であっても、入国から14日間は、自宅もしくは宿泊施設等で不要不急の外出を避け待機することが要請されるとともに、保健所等による健康確認の対象となります。
◯検査結果がでるまでの間は、空港内又は検疫所が指定した施設等で待機
◯検査結果判明後、陰性の場合は、宿泊場所へ移動可能。その際は公共交通機関の利用は不可。入国の翌日から数えて14日間、不要不急の外出を避ける。
◯上記の検査等は検疫法に基づき実施するものであり、検疫官の指示にしたがわない場合には罰則の対象となる場合があります。

上記を踏まえ、帰国便の搭乗前に、以下について確認をお願いします。
●上記要請がなされることを前提として、入国後の旅程に支障がないこと。
●ご自身で入国後14日間の滞在先(自宅やホテル等)を確保していること。
●空港から滞在先までの公共交通機関以外の移動手段(自家用車、レンタカーなど)を事前に確保していること。

詳細は以下のサイト等で最新の状況を確認ください。
●海外から帰国される方等への情報(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html
●水際対策の抜本的強化に関するQ&A(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
●新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html
●厚生労働省 電話相談窓口  日本国内からの通話:0120-565653(フリーダイヤル)
日本国外からの通話:+81-3-3595-2176(日本語・英語・中国語・韓国語)

8.日本の参考ウエブサイト

外務省海外安全HP:
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html

領事館発表の原文バックナンバー(2月27日~)は下記リンクからご確認頂けます。
https://www.calgary.ca.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00036.htm