秋の雄エルク凶暴につき注意!

 これからの季節オスのエルク(オオツノジカ)が、繁殖のためにハーレムの長をめぐっての争いで、攻撃的かつ予測できない行動をとることがあります。パークスカナダは、エルクとの距離にに十分なスペースを取らないと、人々が危険にさらされる可能性があると警告しています。

 エルクからは最低約30メートルの距離を置き、犬もリーシュにつなぐ事を推奨しています。

 この時期、エルクは町周辺をクーガーやオオカミを含む捕食者からの避難所として利用します。そして、オスのエルクは攻撃に大きな鋭い角を使用します。人間が串刺しになる可能性もあり、実際過去には人間がもう少しで刺される事例も発生しています

安全を保つために何をすべきか

 攻撃的なエルクとの遭遇は、人々が写真を撮るために近づいたり、無防備なランナーやサイクリストがエルクとの出会い頭で引き起こされる可能性があります。

 万が一攻撃的なオスエルクに遭遇した場合下記のような行動を取ることが推奨されています。

  • エルクが公園やトレイルにいるときは音を立ててください。
  • もしあなたに対して攻撃的は行動を見せたら死んだふりをしてはいけません。
  • アイコンタクトを維持し、コートやジャケットを振って自分を大きく見せて下さい。
  • 車や建物に隠れる事が可能なら隠れて下さい。
  • 万が一エルクに足で押さえつけられるような事があれば必死で起き上がって逃げて下さい。エルクは足で攻撃対象物を押さえつけようとします。