エアカナダのCEO、ケベックでフランス語軽視を避難される

 エア・カナダのCEOマイケル・ルソーは水曜日に、インタビューにてフランス語を話さずにケベック州最大の都市「モントリオール」14年間住むことができた理由を尋ねられました。ルソー氏は返答でインタビュアーに英語で質問をするように要求しました。 このインタビューでのルソー氏の返答は連邦および州の政治家、数人のケベックのコメンテーターから批判を呼び起こしました。

 エア・カナダは公用語法の対象企業であるため、顧客の好みに応じて英語とフランス語で顧客にサービスを提供する必要があります。モントリオールの商工会議所は、パンデミック後のエア・カナダの回復について話すようにルソーを招待しました。ルソー氏は2007年以来、同社の幹部としてでさまざまな役割を果たしてきましたが、今回は2月に国営企業だった同社の最高経営責任者に就任して以来初のプレゼンテーションでした。

 スピーチの後、ルソーはケベックのテレビニュースチャンネルであるLCNのジャーナリストから、フランス語をほとんど話せないのにモントリオールに長く住むことができた方法をフランス語で尋ねられました。ルソーはしばらく押し黙り「英語で質問をお願いできますか?質問に答える前に、あなたの質問を確実に理解したいので」と答えました。

 最終的にインタビュアーは英語で「フランス語を話さずにモントリオールに住むに方法を教えて下さい?簡単ですか?」と質問しました。ルソーは再び一度押し黙り。 「私はフランス語を話さずにモントリオールに住むことができました。それはモントリオールの街の証だと思います」とルソーは述べました。 

 4日前にもルソー氏はケベックのテレビニュースチャンネルLCNのジャーナリストから、フランス語をほとんど話さないにもかかわらず、モントリオールに長く住むことができた理由をフランス語で尋ねられました。 その時は彼はなぜフランス語を学ばなかったのかと尋ねられ、「私の仕事のスケジュールを見れば、その理由が分かるだろう。」と返答しています。

 ケベック州のフランス語法の抜本的な見直し案である法案96の責任者であるサイモン・ジョリン・バレット法務大臣は、ツイッターで「エア・カナダのビッグボスはケベック・ローカルの言語と文化を軽蔑しています」と非難を表明しました。

 連邦公用語大臣のジネット・プチパス・テイラーもツイッターで「エア・カナダはカナダ人に重要なサービスを提供している。それは両方の公用語で行わなければならず、その指導者は模範でなければならない」とルソーを批判しました。

 ケベック自由党のドミニク・アングラード党首も反応し、ルソーのコメントを「ぞっとするような無礼」と呼び、「エア・カナダは彼の発言の影響をきちんと理解していない」と述べました。

 カナダのフランス語圏とアカディアコミュニティ、カナダのフランス語圏とアカディアコミュニティを代表する団体の連合は、エア・カナダCEOのルソーに対して謝罪を求めています。