スクリーンショット 2024 01 14 午後9.30.36最新記事 

BC州の強い寒さがもたらす電力需要の高騰とアルバータ州への支援

ブリティッシュコロンビア州(BC州)では、寒波の続く中で電力の使用量が記録的に高くなりました。さらに、BC州は同じく過去最低の寒さに見舞われているアルバータ州にも支援を行いました。

BCハイドロの発表によると、BC州の強い寒波が金曜日の夜の電気需要を過去最高の11,300メガワットに押し上げました。金曜日の夜の気温はマイナス11℃でした。

これまでの最高記録は、2022年12月に10,977メガワットでした。金曜日の消費量は、寒波が始まる前の前の金曜日よりも30%以上高かったです。土曜日の夜も電力需要は高いままで、ほぼ11,000メガワットでした。

BCハイドロのCEO、クリス・オライリー氏は、「BC州は、必要なときにすぐに電力を増やせる水力発電システムを持っているので、このような寒い天候でも発電所をフル稼働させて、必要な時にクリーンな電力を提供できます」と述べています。

さらに、この厳しい寒さの中で、BCハイドロは他の地域からの助けを必要とせず、アルバータ州や太平洋北西部の他の地域に電力を送ることができました。これらの地域では、高い需要により電力システムに課題が生じていました。

BCハイドロは土曜日の夜、アルバータ州からの電力システムの警報に応えて、アルバータ州に200メガワットの電力を送りました。

エネルギー・鉱山・低炭素イノベーション大臣のジョージー・オズボーン氏は、「干ばつや寒波のような極端な天候により、人々やコミュニティがリスクにさらされていますが、BCハイドロの計画とエネルギーシステムの強さのおかげで、BC州の人々のニーズに応えると同時に、アルバータ州にも必要な時にクリーンな電力を提供できました」と述べています。

Related posts