スクリーンショット 2024 02 09 午後3.34.31最新記事 

【一つの時代が終わったと話題】ベル・メディアの衝撃的な変革: 4,800人の職員削減とラジオ局45局売却の背景

ベル・メディアは、社内から約4,800人の職員を削減し、所有するラジオ局45局の売却計画を公表しました。BCE Inc.及びベル・カナダのミルコ・ビビック社長兼最高経営責任者(CEO)が、「適応して前進する」と題した公開書簡にて変更を告知しました。

同社によると、この措置は全従業員の約9%に相当し、昨年6月に行われた1,300人の職員削減に続くものです。ビビックCEOは、「組織の再編は私たち全員にとって非常に困難な決断ですが、ベルを去る人々へのサポートを惜しみません」と述べ、退職金やキャリア転換サービス、健康給付へのアクセス継続などを提供するとしました。

ベル・メディアの経営環境は複雑化し、特にカナダ放送通信委員会(CRTC)の決定により、同社が数十億ドルを投じた高速ファイバーネットワークを第三者リセラーに開放する必要が生じています。これに伴い、同社は年間約2億5千万カナダドルの既存電話収入の損失と、2022年から2023年にかけての広告収入の1億4千万カナダドルの減少を見込んでいます。

ビビックCEOは、「ベル・メディアのニュース運営では、最も多くの視聴者を持つ地方テレビ局ネットワークにもかかわらず、年間4千万カナダドル以上の運営赤字を抱えています」と指摘しました。

また、同社はCRTCの審査および「その他のクロージング条件」を前提に、103局あるラジオ局のうち45局を7つの買収者に売却すると発表しました。売却されるラジオ局には、ブリティッシュコロンビア州21局、オンタリオ州12局、ケベック州7局、大西洋カナダ5局が含まれます。

この売却により、ベル・メディアは「革新的なオーディオビジネス」への転換を図るとしています。

Related posts