スクリーンショット 2024 02 13 午後6.24.03最新記事 

そろそろ日が長くなって来ましたが、今年の夏時間はいつから?

もしあなたが午後5時に暗くなるのにうんざりしているなら、カナダで2024年に夏時間(DST)がいつ始まるのか気になるかもしれません。

「オールドファーマーズアルマナック」によると、夏時間は公式に3月10日日曜日の午前2時に1時間進めることで始まります。

その後、11月3日日曜日に再び時計が1時間戻されます。

前進するということは睡眠時間を1時間失うことを意味しますが、夏時間は暗い冬の日々に歓迎される変化をもたらします。なぜなら、夕方の光がより多くなるからです。

夏時間はどのように始まったのでしょうか? 夏時間の起源説は、数人に帰せられます。

最初は、ジョージ・ヴァーノン・ハドソン氏です。彼は、1895年に夏時間のアイデアを提案したニュージーランド生まれのイギリス人です。

昆虫学者として、ハドソン氏は仕事の後に持てる昼間の時間を大切にしており、その時間を使って昆虫を集めました。これが、夏にもっと昼光を得るために時計を変えるというアイデアにつながり、彼は1895年にウェリントン哲学会にそのアイデアを発表した論文で、T.K.サイディ・メダルを受賞しました。

ベンジャミン・フランクリンも1784年に昼光を節約することを提案したと報じられています。彼は、ろうそくやランプオイルの節約のために、夜明けに教会の鐘を鳴らし、大砲を撃つことを提唱しました。

ファーマーズアルマナックは、DSTの真の創設者は、1907年に馬に乗っているときにアイデアを思いついたイギリス人ウィリアム・ウィレットだと述べています。彼は「日光の無駄遣い」というマニフェストで次のように書きました。「長く、明るい夕方は誰もが評価します。日が短くなるにつれてその縮小を誰もが嘆き、ほとんどの人が、春と夏の月における早朝のほとんどクリアで明るい光があまりにもめったに見られず、使用されないことに対して後悔を述べています…」

サンダーベイは、1908年に夏時間の実践を採用した最初のカナダの都市でした。

夏時間は、1970年代の世界的なエネルギー危機のために世界中で広まりました。

夏時間は普遍的な実践ではありません アルゼンチン、チリ、アイスランド、シンガポール、ウズベキスタン、ベラルーシなどの世界の一部の場所では、毎日の昼光をより多く得るために時計を恒久的に進め、エネルギーを節約する努力をしています。

多くの人々は、夏時間のコンセプト自体に反対しており、利点がデメリットによって上回られていると信じています。

アメリカでは、カリフォルニア、オレゴン、ワシントン、アイダホの各州が、特定の州で太平洋標準時を恒久的にするための立法を提案するワーキンググループを形成しました。

ここカナダでは、元首相ジョン・ホーガンによって恒久的なDSTへの切り替えが約束されましたが、その計画は進行が遅れています。

ユーコンは、2020年にDSTを恒久的にすることを推進しました。

あなたは夏時間を支持しますか?

Related posts