スクリーンショット 2024 01 16 午前12.07.40最新記事 

アルバータ州、新しいエネルギー戦略:小型原子炉開発の背景とは?

アルバータ州で、清潔なエネルギーとエネルギーの安全性を確保するために、小型モジュラー炉(SMR)を用いた核エネルギー導入が発表されました。

キャピタルパワーコーポレーションとオンタリオ電力公社(OPG)は、アルバータ州での核エネルギー導入のため、グリッドスケールのSMRの開発と導入を共同で評価する契約を締結したと発表しました。

これは、清潔なエネルギーとエネルギーの安全性に対する需要が高まっているための試みです。

この契約により、OPGとキャピタルパワーコーポレーションは、アルバータ州でSMRを開発する可能性を含む、所有構造や運営構造の実現可能性を検討します。

建設開始の日程はまだ発表されていません。

「小型モジュラー炉は、アルバータ州が清潔で信頼性が高く、手頃な価格の電気をアルバータ州民に供給するための適切なエネルギーミックスを見つけるうえで、重要な役割を果たす可能性があります」と、アルバータ州のアフォーダビリティとユーティリティ担当大臣ネイサン・ノイドルフは声明で述べています。

「このパートナーシップは、私たちがグリッドを脱炭素化する努力を進める上で、エキサイティングで重要な一歩を表しています。」

キャピタルパワーとOPGは2年以内に実現可能性の評価を完了し、SMR開発の次の段階に取り組む予定です。

OPGはオンタリオ州のダーリントン新原子力サイトで北米初のSMRフリートを建設しています。

オンタリオ州で建設される4基のSMRの最初のものは、2028年末までに完成し、2029年末までに稼働予定です。

Related posts