スクリーンショット 2024 04 03 午後8.57.49最新記事 

アルバータ州、春の雪崩警報:今週最大30cmの積雪予想

アルバータ州の多くの地域で火曜日に驚くべき日中の高温が観測されましたが、「重要な」天気の変化が予想されており、一部の地域では最大30cmの雪が降ることが予想されています。

環境・気候変動カナダ(ECCC)は火曜日の午後、アルバータ州の広範囲にわたる特別天気情報を更新しました。これは昨日初めて発表されたもので、急激に冷え込む気温と積雪が予想されます。

ECCCの予報士によると、雪は今夜にグランデ・キャッシュ近くの北部の山麓で始まり、水曜日には南へと進み、その後やんでいきます。

「第二の、より重い降雪が木曜日に始まり、サスカチュワン州境に向かって東へ広がります。この二次的な雪イベントは金曜日にやんでいきます」とECCCは付け加えました。

今夜の最初の雪は控えめで、ジャスパー国立公園周辺の高地で局地的に10cmに達することが予測されています。

木曜日にはより大きな雪イベントがあり、第二のイベント中には特にカルガリーの南および南西、ハイウェイ22沿いで10cmから30cmの雪が降る可能性があります。

特別天気情報が出されている主な地域には、カルガリー、レスブリッジ、オコトクス、ロッキー・マウンテン・ハウス、エアドリー、バンフ、ヒントン、ジャスパー、ハイリバーが含まれます。

Related posts