mpb最新記事 

アルバータ州、松食い虫のコントロールに成功!

アルバータ州でかつて大量発生したマウンテンパインビートルの駆除努力が、その個体数を自然発生レベルにまで抑え込むことに成功しています。

「森林業界と他の省庁がマウンテンパインビートルとの闘いに尽力していますが、自然界からの助けも大きいです。寒波が何度か訪れたことが、これに役立ちました」とオールズカレッジの昆虫学者で園芸教育者のケン・フライ氏は述べています。

州政府は昨年12月中旬のニュースリリースで、2019年のピーク時からマウンテンパインビートルの個体数が98%減少したと発表しました。

「森林業界、流域、絶滅危惧種への悪影響や森林火災のリスクを軽減するため、州は15年以上にわたりマウンテンパインビートルの管理に取り組んでいます」とリリースは述べています。「アルバータ州は引き続きマウンテンパインビートル管理プログラムに投資し、その成功を確実にします。」

banff mpb
アルバータ州、松食い虫のコントロールに成功!

州のビートル管理戦術は、フェロモンを使ってビートルを誘引すること、感染木の伐採・除去、焼却など多岐にわたります。感染木の兆候を地上および航空調査で調べ、ビートルの分布を把握しています。

この情報と、死亡要因の累積効果やビートルの越冬生存率を測定することで、アルバータ州における昆虫の個体数管理の取り組みが進んでいます。

赤い木のサイトに基づいたビートル分布マップ(感染、死亡、または衰弱した木の指標)は、2019年以降、エドソン、ホワイトコート、ロッキーマウンテンハウスの州立森林地域における個体数の劇的な減少を示しています。

しかし、カルガリー森林地域では、ボウバレー地域での個体数がほぼ同じままで、カナナスキスカントリーへの拡大が見られます。

ビートルが凍結しないようにする、防凍液のような化合物を生成する適応により、数日連続して気温がマイナス40度以下にならない限り、ビートルは冬に凍結しない可能性があります。これは大量死を引き起こすことがあります。

「全体的に、ビートルの分布に関しては、寒さが依然として個体数を減少させる最大の要因です」とフライ氏は述べています。

「私たちは州全体で寒い冬に慣れていますが、過去数年間は、気温がマイナス35度からマイナス40度セルシウスに下がるのが少し異例です。それが3、4年連続して起こり、寒波が4、5日以上続くことは、ビートルに一定の死亡率をもたらします。」

アルバータ大学再生可能資源学部の教授であり、学部長であるナディール・エルビルギン氏は、2019年以降、ビートルの個体数が回復の兆しを見せていないと述べています。

「先週の気温についてはわかりませんが、寒さはビートルの個体数を大幅に減らす大きな影響を持っています」と彼は述べています。

マウンテンパインビートルは、青色の染色菌を使って木の導管組織を詰まらせて破壊し、松の木を迅速に枯死させます。この昆虫の幼虫は木に食害を加え、菌と幼虫の食害の相乗効果により、感染から1ヶ月以内に木が死ぬことがあります。

「より経済的な側面では、木を枯死させることで、伐採用の木立に影響を与え、州の森林火災を促進します」とエルビルギン氏は述べています。

州のニュースリリースによると、アルバータ州には110億ドル以上の価値がある、マウンテンパインビートルに感染しやすい550万ヘクタールの松林があります。

「その後、熊やカリブーなどの野生生物や、生息地に影響を与える他の環境的側面にも、生物学的なダメージが関係しています」とエルビルギン氏は付け加えました。

放置すると、ビートルの発生は松林を壊滅的に破壊する可能性があり、州は2006年にそれを経験しました。B.C.の発生地域からのビートルの長距離散布がアルバータ州西部に到達し、新たな感染が急速に増加しました。

州のマウンテンパインビートル管理計画は、その直後の2007年に導入されました。

この昆虫に危険が及ぶのは、アルバータ州の主要な流域を含む、下部および上部の丘陵地帯の広範なロッジポールパイン生態系です。これには、カナナスキスカントリー、カンモア、ビッグホーンMDの一部、イヤーヘ・ナコダ・ファーストネーション、そして自身のマウンテンパインビートル管理プログラムを持つバンフ国立公園が含まれます。

Related posts