スクリーンショット 2024 03 02 午後4.51.01最新記事 

アルバータ州が電気自動車に年間200ドルの新税導入へ!2025年からの実施に注目

アルバータ州では、電気自動車(EV)を所有するドライバーが、2024年の予算発表中に発表された通り、年間200カナダドルの税金を支払う必要があります。

州は、アルバータ州での電気自動車の数は現在少ないものの、「急速に増加している」と述べ、電気自動車は似たような内燃機関の車よりも重く、州の道路により多くの摩耗を引き起こすが、その所有者は燃料税を支払っていないと指摘しています。

州政府はさらに、燃料税収入が道路の建設や維持資金に充てられているわけではないが、「他の車両を運転するドライバーとの公平性に関する懸念や、燃料税収入の減少に伴う長期的な課題がある」と付け加えました。

そのため、州は電気自動車に対して年間200カナダドルの税金を導入することになり、2025年1月1日を目標とする実施日です。

この税金は、車両登録時に支払われ、既存の登録料に加えて支払うことになります。州は、この税率がアルバータ州で典型的な内燃機関車のドライバーが支払う推定年間燃料税と一致しているとしています。

この税金はハイブリッド車には適用されず、秋に法案が導入される際に税に関する詳細が公開されます。

この税金からの収入は、2024-25年度に100万カナダドルと見積もられ、電気自動車の採用が加速するにつれて増加し、2025-26年度には500万カナダドル、2026-27年度には800万カナダドルに達すると予想されます。

将来に向けて、州は燃料税の持続可能性を引き続き検討し、代替燃料の使用増加を含め、税収を保護するための変更を検討するとしています。

アルバータ州は、このような税金を導入する隣州のサスカチュワン州に加わります。サスカチュワン州では2021年10月に電気自動車に対する道路使用料が導入されました。

Related posts