cop28 dec 09最新記事 

カナダ、気候変動サミットCOP28の草案に署名せず

COP28は、気候変動への取り組みを議論するために世界各国が集う重要な国際会議です。ここで、地球温暖化対策など、地球の未来にとって決定的な話し合いが行われるのです。しかし、現在の会議では、中心となる重要な文書について、合意に至っていない状況に陥っています。

火曜日に予定されていたサミットの正式な閉会後も、ドバイでの議論は続いています。特に問題となっているのは、初めてのグローバルな在庫調査(世界の気候行動を評価するもの)の草案から、化石燃料(石炭、石油、天然ガスなど)の「段階的廃止」に関する計画が省略されたことです。これにより、サミットは「完全な失敗の瀬戸際」に立たされているのです。

グローバルな在庫調査とは、パリ協定の目標(産業革命以前のレベルから1.5℃以内に地球温暖化を抑える)をどの程度達成しているかを評価するものです。この文書は、今後の気候政策や約束を導くために存在し、5年ごとに新しい調査が行われるのです。

多くの国々が、草案が地球温暖化ガスの排出削減に対して弱すぎると批判しています。草案では、「化石燃料の消費と生産の両方を公正、秩序だった、公平な方法で削減する」という行動を各国が取ることができるとされていますが、具体的な化石燃料の段階的廃止を求める表現は含まれていません。

カナダ、米国、英国、日本、オーストラリアなど、化石燃料からの移行に関して強力なコミットメントを求める「傘下グループ」の国々は、より強い行動を求めています。

環境と気候変動カナダの声明では、カナダは他の国々と交渉を続け、1.5℃以内に収まることを目指す結果に向けて努力していると述べられています。

科学者たちは、この世紀における温暖化を1.5℃に抑えるためには、2050年までにネットゼロ排出(排出量と吸収量が釣り合う状態)を達成する必要があると指摘しています。これには、石炭、石油、ガスの迅速な廃止も含まれます。現在のペースで地球温暖化が進めば、その温度閾値が2030年から2052年の間に超えられると予測されています。

「このCOPで強力な温室効果ガス削減策が得られなければ、これは1.5℃が死んだCOPとなるだろう」と、サモアの環境大臣トエオレスルスル・セドリック・シュスター氏は断言しています。

気候行動トラッカーによると、現在の政策パスは2021年のグラスゴーでの気候サミット以来変わっていないとのことです。

「グラスゴーから2年後、私たちの報告書はほぼ同じです。世界中で極端な気象イベントが起こっているにもかかわらず、政府は行動を起こすことなく、何とかして影響の洪水に対処しようとしているようです」と、気候アナリティクスの政策アナリスト、クレア・ストックウェルは言います。

報告書では、カナダは気候目標を達成するために、カーボンキャプチャー、化石燃料の「改善された」開発、そして「非現実的な技術的修正」に依存しているなど、いくつかの政策問題で間違った方向に進んでいると指摘されています。

COP28の合意でより強い言葉を求める傘下グループのメンバーであるカナダは、化石燃料の使用を完全に削減することには同意していません。12月12日に発表された声明で、カナダは再び「排出物を削減せずに使用される化石燃料の段階的廃止」を約束しています。

「私たちは、これらの気候会談で “unabated”(削減せずに)という言葉を聞いていますが、政府は化石燃料とカーボンキャプチャーおよび貯蔵を組み合わせたような偽の解決策を採用しようとする試みをやめるべきです。これは単に化石燃料産業がその寿命を延ばそうとしているだけで、化石燃料の段階的廃止の現実に直面する必要があります」と、Climate Action TrackerチームのメンバーであるNewClimate Instituteのニクラス・ヘーネ教授は述べています。

Related posts