free photo of photo of white birds in the field 1最新記事 

カナダで増加する絶滅危惧種:アルバータ州の野生生物に迫る危機


国際自然保護連合(IUCN)が最近更新した絶滅危惧種のレッドリストには、現在157,190種が含まれており、これは2020年の報告書に記録された128,918種から増加しています。この年の更新には、世界の淡水魚に関する最初の包括的評価も含まれており、調査された魚種の約4分の1が絶滅の危機に瀕していると特定されました。淡水系統における干ばつ、季節の変動、海面上昇、その他の気候変動の影響が少なくとも17%の種に影響を及ぼしています。

カナダで見られる約200種がレッドリストに記載されており、アルバータ州の野生生物に影響を与えるグローバルなリスクの傾向があるものの、IUCNの評価では地域的な影響の程度は常に捉えられているわけではありません。アルバータ州では、連続した干ばつの年を迎え、この秋は記録上最も乾燥した季節となり、州の多くの地域で水不足が発生しています。アルバータ・ワイルダネス協会の保全専門家、ルオ氏によると、水の引き上げ需要の増加とともに、南アルバータの多くの河川とそれに依存する種がますます脅かされています。

グレートプレーンズトードやウエスタンタイガーサラマンダーは、世界的な懸念の種としてリストされていませんが、州内で個体数の減少が見られています。セージグラウスは、国境のすぐ南で安定した数を維持していますが、カナダで最も脅かされている鳥の一つです。「セージグラウスは、生息地の保護と種の保存に向けたより強力な行動が取られない限り、アルバータ州で絶滅する可能性が高いです」とルオ氏は述べています。最後の数え方では、州内にはオスが18羽しかおらず、総数は約70羽で、「おそらくそれは安定した個体数ではないでしょう」。

セージグラウスや他の危機に瀕している種にとって、さらなる衰退を防ぐためには、既存の生息地を保護し、失われた生息地を復元することが必要です。

IUCNのラザン・アル・ムバラク会長は、最新のレッドリストも「地元、国内、国際的な保全努力の協力の力」を示していると述べています。絶滅寸前だった一部の種が回復し始めています。絶滅危惧種のフーピングクレーンの数は、米国とカナダの協力による保全活動のおかげで増加しています。飼育下での繁殖や再導入プログラムに加えて、米国で冬季の生息地が保護区として確立されました。「彼らが狩猟の恐怖なく越冬できるように」とルオ氏は述べています。「(フーピングクレーンの回復の一環として)彼らの移動ルートと回復に必要なものを調査しました。その情報は湿地などの復元に使用されています」と彼女は言います。「多くは種が必要とするものを理解し、それらの地域を保護することに関連していたと思います。」

Related posts