2013 flood pic最新記事 

カナダで悪化する気候:2023年の激しい天候による31億ドル超の保険被害

2023年には、カナダで発生した激しい天候による被害が保険金として31億ドル以上に達し、保険局によると、これは記録上4番目に悪い年となりました。昨年はまた、激しい天候による被害が2年連続で30億ドルを超えた年でもありました。

2023年は、壊滅的な全国的な山火事で記憶される年となりましたが、多くの地域も集中豪雨やヒョウ嵐によって揺さぶられました。6月のアルバータ中部での洪水により、4000万ドルの被害が発生し、アルバータ州とサスカチュワン州でのカナダデーの嵐による損失は1億ドルに上りました。

気候変動によって激しい天候の強度と頻度が増加すると予想されることから、カナダは保険をかけるにはリスクが高い場所と見なされています。IBCによると、既に150万世帯の高リスクカナダ家庭が、手頃な価格の洪水保険を得ることができません。

「連邦政府は昨年の連邦予算で国家洪水保険プログラムを約束しました。しかし、進展が停滞しており、多くのカナダ人が我々の変化する気候の影響に対して脆弱なままです」と、IBCの気候変動と連邦問題担当副社長のクレイグ・スチュワート氏はニュースリリースで述べています。

「カナダ人は今、連邦政府がこのプログラムを進め、2024年の連邦予算で詳細を発表する必要があります。150万人以上のカナダ人の住宅と財政健全性が高リスクであり、リスクが増加しています」。

洪水は、公安カナダタスクフォースの2022年の報告書によると、カナダの気候変動における最大のリスクです。カナダ政府が作成する初の国家洪水保険プログラムへのコミットメントには、ハリケーン中の大西洋カナダで経験したような嵐の高波、河川の氾濫、都市の地上洪水からの被害も考慮されています。

「プログラムが開始されれば、高リスク地域に住むカナダ人に洪水が発生した際の経済的保護と安心を提供します。このプログラムの詳細は、次の連邦選挙前に運用可能となるよう、この冬に業界と各州に共有される必要があります」とスチュワート氏は述べています。

保険局による31億ドルのコストは、気候変動による保険業界、納税者、政府の費用増加の一端を示しています。GHDの経済的影響に関する報告書によると、干ばつ、洪水、嵐の影響により、2022年から2050年までにカナダのGDPは1080億ドルの損失を被ると予想されており、これは年間GDPの約0.2%に相当します。洪水だけでも、2050年までにカナダ経済に300億ドルのコストがかかると予想されています。

アルバータ州政府は、この財政年度に州が経験した持続的な干ばつと前例のない山火事に関連する費用として12億ドルを見込んでいます。火災の戦いには7億5000万ドルが見込まれ、さらに避難と災害対応のために5500万ドルが充てられています。

12月に、州は夏の洪水に見舞われたコミュニティに対して6800万ドルの災害復旧資金を発表しました。この資金は、エドソン、ホワイトコート、イエローヘッド郡、ウッドランド郡の住民やビジネスにアクセス可能であり、未保険の費用、つまり財産の損害、修理、清掃費用などに充てられることを意図しています。

Related posts