スクリーンショット 2023 10 20 午後8.38.43最新記事 

カナダとアメリカでの食料品の価格差がヤバいぐらい違う!

カナダとアメリカでの食料品の価格が大きく異なることに、ある消費者が怒っています。

この消費者は、カナダのLoblawsというスーパーマーケットで食料品を購入した後、同じ商品がアメリカでどれだけ安いかを示す動画をTikTokに投稿しました。彼は、Loblawsで13.65カナダドルで買った鶏のもも肉が、アメリカのTargetではたったの3.55アメリカドル(約4.87カナダドル)で買えたことを示しています。

さらに、アメリカで購入した鶏のもも肉の方が、カナダで購入したものよりも量が多いにもかかわらず、価格は格段に安いという事実に、彼は「私たちはぼったくられている」と怒りを露わにしています。

この価格の違いに驚いたカナダ人は多く、彼らも自国のスーパーマーケットでの高い価格に不満を持っています。国境に近い場所に住むカナダ人の中には、アメリカに足を運び、食料品を買って帰国するという方法をとる人も増えてきています。

これは、カナダでのコストオブリビング、つまり生活費が高騰していることの一例です。食料品の価格が上昇している背景には、様々な要因が組み合わさっていますが、消費者は価格差を直感的に感じ、その影響を日々の生活で受けているのです。

Related posts