toronto police drugs最新記事 

カナダ史上最大規模の麻薬摘発、その量約1トン!

カナダの警察は、文字通り9000万ドル相当の麻薬を使った歴史的な摘発を発表しました。トロント警察(TPS)は、この種の警察史上最大規模の麻薬摘発となる、約1トン(1,000kg)近い麻薬の摘発を金曜日の朝に発表しました。

この大規模な押収は、GTA(グレータートロントエリア)内での主要な覚醒剤とコカインの輸入と流通を調査する3か月半にわたるプロジェクト「フィニート」の結果です。

警察は、複数の捜索令状を通じて、551kgのコカインと441kgの覚醒剤(合計992kg)という驚異的な量のコカインを押収し、その推定流通価格は9,000万ドルに上ります。

また、銃器、車両、組織犯罪から得た現金9万5000ドル以上も発見されました。

記者会見で、TPSのグレッグ・ワッツ監督は、この勝利の歴史的な性質を強調し、「トロント史上最大のスケジュール1規制薬物の押収」と呼びました。

ワッツ監督はまた、カナダの国境警備の変更を要求するのは自分の立場ではないが、カナダには「自由世界で最大の無防備な国境」があり、そのため特にトロントを通じた麻薬や銃器の不法輸入の影響を受けやすいと指摘しました。

「私は何も要求するつもりはありません。私はこの取り組みと、それが私たちのコミュニティの安全に大きな影響を与えたことをただ認めるつもりです」と彼は述べました。

トロント、アヤックス、ミシサガ、エトビコの20歳から43歳までの7人が逮捕され、2人は拘留され、5人は保釈されています。彼らは密売やスケジュールI物質の所持などの一連の罪に問われています。

Related posts