20230918150952 ae3dd100e476500dff0a54dd602ed2291e061a6cbade75295548899ea138f3d6最新記事 

カナダ政府、ニュースコンテンツ使用料上限設定。カナダではヤフーニュースも場合によっては違法

2023年11月29日 – カナダ政府が導入した革新的なオンラインニュース法案は、デジタルメディアの世界におけるニュースコンテンツの使用と報酬に関する新しい基準を確立しました。この法案は、GoogleやFacebookなどの大手テック企業がオンラインでニュースコンテンツを使用する際、そのコンテンツを提供するカナダのニュース出版社に対して適切な報酬を支払うことを義務付けています。

この法案の背景には、デジタルプラットフォームによるニュースコンテンツの広範な使用と、それによる伝統的なニュースメディアの収益圧迫があります。インターネットの普及により、多くのユーザーがオンラインでニュースを消費するようになり、ニュース出版社は広告収入の減少に直面しています。カナダ政府は、この法案によってニュースメディアの持続可能性を支援し、高品質なジャーナリズムの維持を図ることを目指しています。

具体的には、この法案に基づき、年間10億カナダドル以上の全世界収益を有し、カナダでニュースコンテンツの配布とアクセスを提供する検索エンジンまたはソーシャルメディア市場で運営する企業は、ニュース出版社に対して財務的な貢献を行う必要があります。Googleは最近、カナダ政府との交渉の末、年間1億カナダドルの上限でニュース出版社への支払いに合意しました。これは、元々政府が提案していた1億7200万カナダドルよりも低い金額です。

カナダ遺産大臣のパスカル・セントオンジュは、この合意を「歴史的な発展」と表現し、地元のニュース出版社を支援する政府の目的が達成されたと述べました。また、他国でより良い合意がなされた場合、カナダは規則を見直す権利を保持します。

この法案は、世界各国でのデジタルメディアとテクノロジー企業間の関係を再定義する上で、重要な一歩となる可能性があります。ニュースコンテンツの公正な使用と適切な報酬の問題は、今後も国際的に議論されることでしょう。カナダのこの動きは、日本を含む他国における類似の法的枠組みの導入に影響を与える可能性があります。

Related posts