スクリーンショット 2023 12 17 午前1.46.52最新記事 

カナダ政府、不法滞在者にカナダ市民権の道を提供する計画を検討

オタワは、何年もカナダで不法に生活し働いてきた何十万人もの人々に市民権への道を開く準備をしています。移民大臣マーク・ミラー氏によると、建設労働者から始めるとのことです。

インタビューで、ミラー氏は、有効な書類を持たない多くの人々が永住権を申請できるようにする「広範かつ包括的なプログラム」を作成していると述べました。このプログラムには、法的に国に入国した後、ビザの有効期限が切れた後も国内に残っている一時労働者や国際学生も含まれる予定です。

ミラー大臣は、不法滞在者の「地位を正常化」する提案を春に内閣に提出する計画ですが、この政策には反対があるかもしれないと認めています。

「ここにいる人々、私の見積もりでは – 信じるに – カナダ人であるべきだという話は、国内で一致しているわけではありません」と彼は言います。「私たちは、国としてこのことについてもっと広範な議論を持つ必要があります。」

彼によると、国内には30万から60万人の有効な書類を持たない人々が生活しており、多くは何十年もここで働いており、子供もいますが、正式な地位を持たないために国外追放のリスクがあります。

移民、難民、市民権カナダは、前回の選挙後すぐに不法労働者向けのプログラムを作成することを検討しています。ジャスティン・トルドー首相の前移民大臣ショーン・フレーザーへの任命状では、「カナダ社会に貢献している不法労働者の地位を正常化する方法をさらに探求するように」と依頼されていました。

ミラー氏は、有効な書類を持たないすべての人々が永住権を申請できるわけではないことを示唆していますが、近いうちにカナダで合法的な地位なしに生活している建設労働者が居住権を申請できるプログラムを導入する計画です。これはカナダの住宅建設における熟練労働者の不足を解消する手助けとなることが期待されています。

連邦政府は最近、移民目標を上昇させています。先月、2026年に50万人の永住者を受け入れることを目標とする数値を凍結すると発表しました。最近の世論調査では、新しい移民の規模に対する国民の支持が減少しており、一部の調査ではこれを手頃な住宅の不足と関連付けています。しかし、ミラー氏は、根底にある数字は依然として移民に対する広範な支持があることを示唆しています。

「世界中の国々の中で、カナダは広範な合意の中で、移民問題を正しく扱っていると見なされています」と彼は言います。

「しかし、間違ったことをして、政策を間違えると、人々がこの問題を兵器化するための肥沃な土壌を作ります。」

多くの国々、フランス、ハンガリー、ドイツなどでは、反移民政策を推進する極右政治家への支持が近年高まっています。ミラー氏は、カナダでこれが繰り返されることを望んでいません。彼は、「多くの移民が流入する国々で見られる逆風 – それを兵器化する傾向と能力」と指摘しています。

「私が思うに、カナダにとって最も必要ないことは、著名なリーダーが何か愚かなことを言ったり、移民の問題を武器化して選挙スローガンにしたりすることです」と彼は言います。「それが起こる国々で何が起きるかを私たちは目の当たりにしています。」

彼は、「私たちの公共政策を調整して、この国に来る人々のタイプと彼らがどのように貢献できるかについて賢明になることを確認する」ことを計画しています。

Related posts