screenshot 2023 12 14 at 120546 pm最新記事 

カナナスキス地方のオスのグリズリー、未だ冬眠せず

アルバータ州カナナスキス地方では、多くのグリズリーが冬の間、巣穴に入る中、少なくとも1頭のオスのグリズリーが未だに活動を続けていることが確認されました。この珍しい現象は、12月12日時点で観察されています。

ピーター・ラウヒード州立公園のサライル・リッジとローソン湖地域では、巣穴にいるメスのグリズリーを保護するための閉鎖措置が続いています。このメス、6歳のグリズリー169号を保護するため、森林・公園庁は積極的なトレイル閉鎖を実施しています。

アルバータ州公園による閉鎖は、12月8日に始まり、ローソン湖、サライル・リッジ及びピーター・ラウヒード州立公園周辺地域を対象としています。ローソン湖は引き続きアクセス可能ですが、閉鎖された地域への立ち入りは厳禁です。

ボウバレー・ワイルドスマートのニック・デ・ルイター氏は、このような閉鎖措置が人々の安全を確保し、熊に必要なスペースを提供するために重要であると述べています。また、熊の巣穴を邪魔する行為は、熊にとって余分なストレスとなり、冬を生き残るために必要な貴重なカロリーを消費させる可能性があると警告しています。

デ・ルイター氏は、「アルバータ州のグリズリーの長期的な生存には、繁殖年齢のメスが不可欠です。私たちは、これらの動物を保護し、生存の可能性を最大化するためにできる限りのことをすることが、種に対する私たちの義務です」と強調しています。

アルバータ州公園は、人々に対し、騒音を立ててグループで移動し、周囲に注意を払い、犬を常にリードにつなぎ、ベアスプレーを携帯し、それが簡単にアクセスできることを確認し、使用方法を知るよう奨励しています。

さらに、wildsmart.caでは、野生生物との遭遇を避け、対処する方法についてのビデオやトレイル警告、閉鎖情報などが提供されています。

カナナスキス地方での熊の目撃情報は、403-591-7755に直ちに報告するよう呼びかけられています。

Related posts