grassi lakes 2最新記事 

キャンモアとグラッシー・レイクスを結ぶ新バスサービス、週末運行に縮小


キャンモアとグラッシー・レイクスを結ぶ新しい3年間のバスサービスが、バスの不足によりフルタイムから週3日間の運行へと縮小されます。このサービスは、5月の長い週末から9月中旬まで運行され、地域社会と人気のカナナスキス国立公園のサイトを結び、個人車両の使用による交通と環境への影響を減らすことを目指します。当初は週末のみの試験運用として計画されていましたが、最終的に2024年は週末のみの運用に落ち着きました。

ボウバレー地域交通サービス委員会のCEOマーティン・ビーンは、装備不足のためプロテラ電動バスの納品が遅れ、週末サービスを行い、利用客を徐々に増やしていくことが最初の年には最適だと述べました。サービスは金曜日から日曜日、および法定休日に1日9時間運行される予定です。

プロテラ電動バスの配送遅延により、2024年夏のバス不足を補うために、20人乗りの車椅子対応ミニバスをリースすることが承認されました。このミニバスは週3日間の運行を可能にし、残りの日にはメンテナンスが行われます。

このトランジットサービスの試験運用は、地域社会と訪問者のニーズに応えることを目的としており、環境への影響を最小限に抑える持続可能な交通ソリューションの探求を反映しています。初年度は需要と利用パターンを分析し、将来の改善に役立てる予定です。

Related posts