20221025 real estate jh 0008最新記事 

キャンモアの大規模開発、裁判で承認

CANMORE – 最近、アルバータ州の控訴裁判所が自治体政府法のセクション619に関する重要な判断を下しました。この法的判断は、地方自治体や開発者が今後どのように行動すべきかについての明確なガイドラインを示しています。

具体的には、Three Sisters Mountain Village Properties Limited(TSMVPL)が提案しているThree Sisters VillageとSmith Creekのエリア構造計画(ASP)についての進行が確定されました。これは、開発が進むべきか、またはそれを遅らせるべきかに関する長い議論の結果です。

裁判所の決定の背後には、Canmore町が2022年の土地と財産の権利審議会(LPRT)の決定に従うべきであるという主張があります。この決定は、地方の利益よりも州の利益が優先されるべきであるという考え方を強調しています。

法学の教授であるEran Kaplinsky氏は、この裁判所の決定の重要性についてコメントしました。彼は、控訴裁判所がLPRTの権限を確認し、自治体政府法の下で一貫性を解釈する方法や、計画が州の承認と一致しているかどうかを判断する際に考慮すべき証拠についての新しいガイドラインを提供していると指摘しました。

裁判所の決定は、自治体と開発者の間の関係、特に自治体の権限と州の権限のバランスについての新しい見方を示しています。これは、今後の類似の挑戦や問題に対する方針を示すものとして注目されます。

最後に、控訴裁判所の決定に従い、Canmore町は30日以内にTSMVPLの計画を正式に採用することが期待されています。Kaplinsky氏は、このような裁判所の命令に従うことが自治体にとって重要であると強調しました。彼は、審議会や裁判所の決定を尊重することが、地方自治体と州との関係の中での平和的な共存の鍵であると述べました。

Related posts