20231012 protest violation of local democratic rights jh 0010最新記事 

キャンモアの開発計画と環境保護の対立、緊張が高まる

キャンモアは、カナディアンロッキーに囲まれた風光明媚な町で、経済成長と環境保全の間のバランスを取るための議論の場となっています。

保護活動家側: 議論の片側には、環境保護活動家たちがおり、彼らは町の自然環境を守ることに献身的な住民です。彼らは、提案された開発計画が地域の美しさや重要な野生動物の回廊に悪影響を及ぼす可能性があると主張しています。

ボウバレーエンゲージの幹事であり、経験豊かな野生生物学者であるカーステン・ホイヤー氏は、中心的な問題は以下のように説明しています:

「議論の核心は、野生動物の回廊として大陸的に重要な地域で、町の規模を倍増させる開発に関するものです。…私はキャンモアでの長い間、野生動物の回廊のゆっくりとした劣化を目の当たりにしてきました。したがって、私たちは最高の最後にいるという状況にあります。」

彼はさらに、市議会の決定を州の指名裁判所と法廷が覆すことに対する懸念も示しており、これは「アルバータ州の民主主義の状態がどうなっているのか」という疑問を投げかけています。

開発者側: 反対側には、地域経済の成長を支持し、キャンモアの発展計画を進めたいと考える開発者たちがいます。彼らは、計画された開発が町の経済にプラスの影響を与えるだけでなく、新しい住宅を提供する可能性もあると主張しています。

Chris Ollenberger氏、Three Sisters Mountain Village Properties Limitedの戦略および開発担当ディレクターは、開発計画の進行に関連して次のように述べています:

「私たちは環境、町の財政的能力、市場需要に適合した最善のバランスを取るために、プロジェクトに求められるすべてのことを行ったと考えています。私たちはプロジェクトに誇りを持っており、進めることを楽しみにしています。」

彼はまた、町が2つの地域構造計画に対する成長を早くから計画してきたことに言及し、開発計画の可能性を検討してから継続的に更新されていることを強調しています。

結論: キャンモアの議論は続いており、経済成長と環境保護の間のバランスを取る難題が浮き彫りになっています。住民、開発者、保護活動家たちは、町の未来についての異なるビジョンを持っており、今後の進展が注目されています。

Related posts