20231012 protest violation of local democratic rights jh 0011最新記事 

キャンモアThree Sistersの開発計画が野生生物に与える影響をめぐって、環境保護活動家たちが懸念


キャンモアのThree Sistersの開発計画が野生生物に与える影響をめぐって、環境保護活動家たちは懸念を抱えています。

25年前、キャンモアの野生生物学者であるKarsten Heuer氏は、ワイオミング州のYellowstone国立公園からユーコンのWatson Lakeに至る、3,400キロメートルの壮大な旅に出ました。彼の目的は、ロッキー山脈を通って大陸全体をつなぐ野生生物の回廊の現実を探ることでした。

しかし、Three Sistersの開発計画が進む中で、この野生生物回廊は脅かされています。この開発計画はキャンモアの人口を今後20年でほぼ倍増させる可能性があります。この開発はBanff国立公園とKananaskis Countryを結ぶ最後の野生生物回廊に侵害する可能性があります。

研究者たちは、野生生物、特に大型肉食動物が人間の活動と開発が増えるにつれて、町や開発されたエリアを避ける傾向があることを発見しました。Three Sistersの開発が進むと、これらの動物の生息地と移動の自由がさらに侵害される恐れがあります。

一方で、開発を進めるThree Sisters Mountain Village Properties Ltd.は、野生生物回廊を保護する計画を持っていると主張しています。彼らは人間と動物のエリアを明確に区分し、野生生物が安全に移動できるスペースを提供するために、特定のトレイルとハビタット改善を提案しています。

しかし、環境保護活動家たち、特にHeuer氏は、これらの緩和策は十分でなく、開発は野生生物の生息地を侵害し、Banff国立公園とKananaskis Countryを結ぶ重要な回廊を損なうと警告しています。彼らは、これらの開発計画がカナダの自然保護の努力を台無しにしていると考えています。

Related posts