Collage Maker 24 Apr 2023 09 49 AM 561最新記事 

グリズリーとその子供2匹、ジャスパー国立公園で人間の食べ物を摂取後に移動される

ジャスパー国立公園の関係者によると、先月末にグリズリーの母熊とその子供2匹がピクニックエリアで人間の食べ物を摂取したため、移動させる必要があったと発表されました。

カナダ国立公園局によれば、7月24日、母グリズリー熊が子供2匹とともに、アネット湖とエディス湖で人間の食べ物を食べました。

熊たちがピクニックエリアに近づくと、人々は車の中に避難し、母熊と子供たちは2つのピクニックサイトに残された食べ物を食べました。その日の後半、熊と子供たちはエディス湖の岸でバッグから物を取り出しました。

3日後、国立公園局は母熊と子供たちを「家族用のわな」で捕獲し、母熊にGPSカラーを取り付けました。翌日、一家は公園の南部に移動させられました。

公園はスタッフが毎日熊を監視し管理しており、この熊一家はジャスパー国立公園とバンフ国立公園の境界近くのアイスフィールズ・パークウェイ(93N)で目撃されています。

「カラーをつけたグリズリーと子供たちを見るために車に乗ったままで、停車しないでください。習慣づけをさらに防ぐためです」と公園はFacebookの投稿で呼びかけています。

一度熊が食べ物に慣れ、人間に対する警戒心を失った場合、人間の安全に対するリスクとなり、熊を管理するための選択肢は限られてきます。国立公園局はこの母グリズリー熊と子供たちに対していくつかの対策を検討しましたが、熊がもはや安全に自身の生息地で管理されない場合、ジャスパー国立公園内での動物の移動が検討されました。

Related posts