kelowna fire 1最新記事 

ケロウナの山火事による避難勧告、慎重に解除へ

BCワイルドファイアサービスによると、ウェストケロウナの消防署が「通常の日常業務」に戻っています。これは、急速な山火事が数千人を避難させ、その後にエリア内で170以上の家屋を破壊した後、10日後のことです。

両側のオカナガン湖沿いのコミュニティで避難命令が解除され、追加の1,800人が週末に帰宅を許可されました。

インテリア・保健サービスによると、8月18日に避難させられた後、もう2つの長期介護施設の住民も「徐々に慎重に」帰宅しています。ヘルス・オーソリティによれば、116人の住民がケロウナのグレンモア・ロッジに帰る予定で、48人がレイクカントリー地区の介護施設に帰る予定です。

セントラル・オカナガン緊急対策センターによれば、火災によって被害を受けたウェストケロウナでは、1,588のプロパティが避難命令を受けており、地域区域の農村地域およびウェストバンクファーストネーションの土地でも、1,114のプロパティが避難命令を受けています。

ウェストケロウナ地域での破壊の大部分を引き起こしたマクドゥーガル・クリーク山火事は、123平方キロメートル以上の広範囲で未だに制御されないまま燃え続けています。

北部のシュースワップ地域では、BCワイルドファイアサービスからの最新情報によれば、430平方キロメートルのブッシュクリークイースト火災で、気温が火の挙動を増す暖かく乾燥した傾向が火曜日には落ち着く前に続くとしています。

コロンビアシュースワップ地域区の公式は、この火災が130以上の建物を破壊し、さらに40棟以上を損傷させたと述べています。

ブリティッシュコロンビア州では370以上の活発な山火事があり、その中には公衆の安全に脅威をもたらすまたは高い可視性を持つ12の「注目の山火事」が含まれています。

レイクカントリー地区とケロウナ市を脅かした2つの山火事は「抑制中」に分類されており、クルーはホットスポットを巡回しています。

山火事の煙に起因する大気の質の警告は、BC州の南海岸および南部インテリア、および北部の一部にも影響を及ぼしており、ブルクリー・バレーからピース地域まで続いています。

環境カナダはまた、テラスやキティマットを含む北海岸の内陸部、およびピース地域に熱警報を発出しています。

気象庁によれば、沿岸近くでは30℃前後の日中最高気温が火曜日まで持続する見込みであり、北東部のBC州では水曜日まで持続するとしています。

Related posts