1502 wild pig situation sh damage crop credit goa web photo最新記事 

ジャスパーでイノシシの脅威!しかし、今のところ被害は限定的

カナダのロッキー山脈への野生イノシシの侵入の脅威は確かに存在するものの、ジャスパー国立公園のリソース保全マネージャー、デイブ・アーギュメント氏によれば、近い将来に発生する可能性は低いとの見解を示しました。

アーギュメント氏は、「問題が過大評価されているわけではありませんが、実際には、農業地帯が広がる地域で深刻な問題となっている野生イノシシの拡大が、農業がほとんどない山岳地帯で持続可能な個体群を形成できるかどうかはまだ不透明です」と述べています。

近年、カナダ国内で、その破壊活動の広範囲にわたる影響と駆除の難しさから、野生イノシシは国内で最も問題となる害獣の一つとなっています。カナダ野生イノシシ研究プロジェクト(CWPRP)の代表、ライアン・ブルック氏は「地球上で最も侵略的な大型哺乳類」と評しており、イノシシによる土地の荒廃は生態系に深刻な悪影響を与えています。

イノシシは夜行性で、狩猟者から逃れるのが得意であり、自然界における天敵もほとんどいません。現在、サスカチュワン州がカナダで最もイノシシが多い地域となっており、アルバータ州にもその存在が報告されています。

アルバータ州侵略種協議会(AISC)のエグゼクティブディレクター、メーガン・エヴァンズ氏は、野生イノシシの監視と集団での罠設置が現状で最善の対策であると指摘し、「何かを見たら、何かを言ってください」と公衆に警戒を呼びかけています。

ジャスパー国立公園では、すでに300箇所で野生動物監視用カメラネットワークが構築されており、これまでのところ野生イノシシの姿は確認されていません。「野生イノシシがここにいる場合、すでに確認されているはずです」とアーギュメント氏は述べ、今後も警戒を続けるとともに、万が一イノシシが現れた場合に備えた管理戦略を準備していると説明しています。

Related posts